B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

海外で厚い信頼を築く
日本製中古車の輸出事業

 

実際に現地に行くことで強い信頼関係を築く

 
glay-s1top.jpg
濱中 日本の中古車の輸出業は同業他社も多いと思います。その中で、マガリジャパンさんならではの強みはなんでしょうか?
 
出田 自ら海外に出向き、細かくリサーチを行っている点でしょうか。さまざまな方にヒアリングすることで、その地でどんな車が求められているのかニーズを見極められますし、直接お会いすることで現地の方々との強い信頼関係を築くことができるんです。
 
濱中 海外の方とのコミュニケーションの取り方や営業の仕方などは、カナダで生活していた時の経験も活かされていそうですね。
 
出田 おっしゃる通りです。持ち前の行動力の高さも活かし、とにかく現地に飛び込んで店舗に名刺を配るなど、地道な営業活動を行っています。この業界では外国の方が日本に来て輸出業を行うケースが多い一方で、日本人が自ら営業しに行ったり取り引きしたりする会社は珍しいため、現地の方から興味を持っていただきやすいんですよ。それに日本人特有の誠実さも高く評価されています。
 
濱中 とても興味深いお話です。百聞は一見に如かずというように、実際に現地に行ってみなければわからないことも多々ありそうですね。
 
出田 はい。やはり、その国の人々の考え方や生活事情など、実際に行って自分の肌で感じてはじめて気付かされることも多くありますね。最近はインターネットを活用し、日本国内にいながら海外と取り引きする業者も多く見受けられるんです。もちろんネットを活用すること自体は便利ですし、特に最近はコロナ禍の影響で海外に行くことが難しく、私も取引先とはリモートでやりとりしています。でも、アナログなやり方ならではの良さもあると考えているんですよ。
 
カフェのような雰囲気のオフィス
カフェのような雰囲気のオフィス
濱中 最近のトレンドを取り入れつつ、地道ながら人間味のある営業の良さも活かすハイブリットというわけですね。それに、出田社長がもともと自動車整備士だったからこそ、自動車に精通していることも大きな強みと言えそうですね。
 
出田 そうですね。中古車の仕入れの際、不良品をつかまない目利きには自信を持っています。おかげさまで発注も多数いただき、毎日忙しくさせていただいていますよ。ただ、仕事と同じくプライベートも充実させたいと考えていますので、時間に余裕があるときは趣味の釣りをしたり、スタッフたちとランニングをしたりして楽しんでいます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事