B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

時代と顧客の声に応え
多種多様な麺を製造

 
 
glay-s1top.jpg
畑山 言ってみれば「硬いけど柔らかいもの」というような非常に難しいオーダーにもかかわらず、クリアされるとはやはり素晴らしい技術力ですね。
 
大西(真) ありがとうございます。昨今は「テイクアウト用のうどんをつくってほしい」というご要望もいただいており、コロナ禍以降、新しいニーズが増えてきましたね。
 
畑山 なるほど。お客さんの声に耳を傾けながら商品を開発し、信頼を得てきたからこそ、非常時でも変わらず福本製麺さんに依頼が来るのでしょう。ほかに、最近新しく取り組まれていることはありますか?
 
glay-s1top.jpg
大西(文) 目下、米粉の麺の製作に取り組んでいます。京都産のお米を使い、京都でつくる、京都ならではの麺です。お米にはグルテンが含まれていないので、そのままでは米粉同士がくっつかず、うまく麺になりません。昆布の成分を代用するなど工夫をしました。もちろん、原料はすべて京都産にこだわっています。
 
畑山 近年は「グルテンフリー」が話題になっていますよね。米粉の麺なら、グルテンフリーを望まれる方や小麦アレルギーの方にも喜ばれそうです。私も麺好きで年に360日麺を食べにいった年もあるくらいです。福本製麺さんのInstagramを拝見しますと、実に多種多様な麺を食べに行かれてますね。素晴らしい探求心です!
 
大西(真) ありがとうございます。時代の変化とともに食べる人の嗜好や年齢層、市況も変わっているので、日々勉強です。最近は、「お腹いっぱい食べたい」というより「おいしいものを少しずつ食べたい」というニーズが生まれてきているとも感じています。
 
大西(文) 弊社として譲れないこだわりは大事にしながら、時代の変化にも柔軟に対応して製麺に取り組んでいきたいです。これまで長年にわたる試行錯誤を今後もさらに積み重ねながら、発展させていきます。
 
畑山 舌の肥えたお客さんも増えてきたからこそ、福本製麺さんの商品のような本当に良い物が選ばれていく時代だと思います。一世紀超の伝統を活かした新しいことへのチャレンジにも、期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
挑戦し続けることや、人とのつながり、社員の成長が仕事の楽しみです。そのためには、オフもしっかり楽しむことも大事です。モチベーションも上がりますし、趣味の出会いが仕事につながることもあるので、仕事も、遊びも真剣に楽しむのがコツですね。
(大西文貴)
 

:: 企業情報 ::

株式会社福本製麵

〒604-8452 京都府京都市中京区西ノ京伯楽町2-7

ホームページ
https://www.big-advance.site/s/161/1559
インスタグラム
https://www.instagram.com/fukumotoseimen

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事