B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

持ち主の思いを大切に
リユースする買取専門店

 

人生を存分に楽しむために意欲的に働く!

 
glay-s1top.jpg
竹村 ところで私はサッカーが大好きで、小倉さんとの対談をとても楽しみにしていたんですよ。
 
小倉 光栄です! 竹村社長は、どのような形でサッカーに関わっておられるのでしょうか。
 
竹村 FC町田ゼルビアのスポンサーを務めている他、ボランティアで子どもたちにサッカーを教えています。町田市や八王子市の子どもたちを20人ほど集め、毎朝6時から8時まで練習しているんです。
 
小倉 それはいいですね! ただ、指導となると、なかなか難しくないですか。
 
竹村 はい、楽しい反面、教えることの難しさも実感しています。指導のコツがあれば教えてください。
 
小倉 ティーチングとコーチングの違いの見極めが重要だと思います。ティーチングの目的は答えをそのまま教えることの一方、コーチングはその人が目標を達成できるように導き、能力を引き出すことがポイントです。スポーツではA+Bの結果がCになるとは限らない。そこにコーチングの要素が入ります。サッカーは、言われた通りにシュートをしなくてもボールがゴールに入ればいいので、答えが一つとは限りませんからね。
 
竹村 なるほど! 私もそう考えているので、あくまでもパスやトラップなどの基礎だけを教えています。試合に応じたプレーのアレンジは子どもたち本人に編み出してほしい。その経験が創造力や可能性を伸ばすことにもつながると思うんです。
 
glay-s1top.jpg
小倉 そういうプライベートでの楽しみや充実感があるからこそ、オンのモチベーションも高まりますよね。私がオランダ時代に印象深かったのは、向こうの人が余暇を大切にしていたことでした。子どもと一緒に1ヶ月間イビサ島に旅行するなど、家族団らんや夏のバカンスを何より大事にしていましたね。普段の週末も、同僚に「週末を楽しんで!」と挨拶をするんですよ。仕事ひと筋の日本人には馴染みのない考えであるものの、遊ぶために仕事を頑張ることも素敵だなと教えられました。
 
竹村 とても共感します。私もアウトドアが大好きで、毎週バーベキューを楽しんでいて、うどんを手打ちすることもあります(笑)。人生を楽しむために仕事を頑張るし、楽しみがあるから仕事に打ち込めるんですよね!
 
小倉 奇遇ですね、私もそば打ちセットを持っています(笑)。そうやって人生を楽しむことが大事ですよね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事