B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

身元保証支援を通じて
家族と利用者を橋渡し

 

手厚い支援でご家族の橋渡し役に

 
glay-s1top.jpg
濱中 具体的に、どういった方がサービスを利用するのかを知りたいです。
 
山下 身寄りがなく独居の方や子どものいないご夫婦、親族はいるけれど疎遠だったり遠方だったりで支援を望めない方など、すぐにでも第三者の支援が必要な方が多いですね。その他には、今は問題ないが、何かあったときのことが不安な方や、郵便物の整理や手続きで困ることが増えた方、自身での金銭管理が心配になってきた方など、加齢に伴う不安で相談される方もいます。さらに、法的トラブルの相談相手がほしいという方や相続、遺言などを作成したいという、行政書士としての支援を求める方もおられます。
 
濱中 安心を求めて依頼される方がとても多い印象です。でも、想像していた以上にバラエティに富んでいますね。
 
山下 予想外だった点でいうと、事業スタート当初は、身寄りのない方からの依頼が大半かなと考えていたんです。でも、フタを開けてみると、ご家族がいる方からの依頼がほとんどだったんです。
 
濱中 そうなんですか。離れて暮らしていることで心配なご家族が多いのかもしれませんね。いずれにせよ、身寄りのない方でも、ご家族がいる方でも、日常生活の支援までカバーしてくださるサービスが評価されているのでしょうね。例えば、入院時の身元保証支援といっても、入院に関わる手続きを代行するだけではないんですよね?
 
山下 もちろんです。タオルや着替えをご自宅から運ぶなど、入院中のフォローもしっかりといたします。また、万が一、お亡くなりになった際にはどんなお葬儀をして、どこに納骨し、どのように遺品整理をするのかなども、生前にすべてお約束することも可能です。
 
濱中 ワンストップですべてに対応していただけるのはありがたいですよ。利用者さんから感謝される機会も多いと思います。山下代表が仕事にやりがいを感じるのはどういうときでしょう?
 
glay-s1top.jpg
山下 利用者さんのご家族から、お礼の言葉をいただけたときですね。特に、疎遠になっていたご家族から「今までありがとうございました」と言っていただけると、私が利用者様とご家族の橋渡しになれたのかなと感じて、グッと来ます。
 
濱中 あぁ、それは本当に良いお話だなぁ。
 
山下 いろんな家族の形があるんだと、かえって私が勉強させていただいていますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事