B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:日本

  • 月刊ブックレビュー vol.53『外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史』 まず「はじめに」からエッセンスを引用。長くならないよう適宜中略します。
    「自分たちの魅力は、本人自身では分かりにくい。外国人旅行者のほうでも見たいものがいろいろあり、時代とともに変わってきたもの、変わらないもの様々である。日本人には観光地として思いもよらなかった場所で、外国人によって「発見」された日本の魅力も数多い。歴史を俯瞰することにより、訪日外国人の今後、日本の本当の魅力が見えてくる一助に必ずなるはずである。」

  • まるごとにっぽん 下町情緒が色濃く残る東京・浅草に、新たなランドマークとしてにぎわっているスポットがあるのをご存じでしょうか。食や伝統工芸など、日本全国の"いいもの"が集まる商業施設「まるごとにっぽん」で、未知なる地方の魅力に注目しましょう。

  • 水戯庵 東京オリンピックの開催を2年後の2020年に控え、今、日本には世界中から熱い視線が注がれています。2018年3月にオープンした劇場型レストラン&ラウンジ「水戯庵」。日本文化の魅力を凝縮した非日常空間で、五感を揺さぶる新感覚の“宴”が幕を開けます。

  • 月刊ブックレビュー  vol.37 『日本人の道徳心』 タイトルだけでは具体的な内容が想像できないかもしれませんが、本書はインターネット放送局「DHCテレビジョン」の番組『平成の修身』で著者の渡部昇一氏が語った内容をまとめた本。つまり原題は『平成の修身』です。

  • 明るい我らに仕事あり vol.30 中小企業ならではのグローバル戦略    こんにちは、小山です。風薫り、新緑がまぶしくなり始める5月、いかがお過ごしでしょうか。外回りがある方などは、適温の中、それなりに成果も上がっているのではないでしょうか? 人間、成果が上

  • “クオリティ”から始めよう vol.6 (最終回) さあ、それぞれの舞台で始めよう   国際線チーフパーサーとしてVIP用特別機を担当し、天皇皇后両陛下や各国の元首クラスを接遇してきた里岡美津奈氏。「パーソナルクオリティ」を磨くことで日常の、あるいはビジネスのパフォーマンス

  • 金融緩和はインフレを呼ぶか ~アメリカの先例、日本の現状~  ◆鉄の女・サッチャーと安倍政権  2013年4月8日、”鉄の女” と呼ばれたサッチャー元イギリス首相の訃報が飛び込んできた。サッチャー女史は1979年5月

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.8 執念    映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。第8回は 『飢餓海峡』(1965年・日本) から、

  • 南半球でビジネスを考える vol.14 なぜ日本企業は海外で苦戦するのか   日本企業よ、成功せよ!    近年、日本国内の将来性を危惧し、海外に活路を見出そうと、海外でのビジネス展開を考えている企業が増加しています。市場の将来性やポテンシャルを海外に期