B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆日本にいながら北欧体験 
 DLoFre’s Campusとは?

 
glay-s1top.jpg
自然と建物が調和する、日本離れした風景が広がる
glay-s1top.jpg
築100年以上の蔵を活かした書店など、心地いい空間ばかり
2018年に入り、早いもので1ヶ月が経ちました。「一月往ぬる二月逃げる三月去る」という言葉通り、この時期は年度末に向けて慌ただしい日々を過ごす人も多いでしょう。「のんびり休みをとって、海外旅行などを楽しむのは5月の大型連休までお預け」と、あきらめモードになるのはちょっと早いかもしれませんよ。
 
関東からも関西からも比較的アクセスがしやすく、日帰りや1泊といったショートステイでもスローな時間を過ごすことができ、異国情緒も満点! 実は、そんな夢のようなスポットが静岡県浜松市にあるのをご存じですか?
 
建築やインテリアライフスタイル事業を展開している株式会社都田建設が創造する「DLoFre’s Campus(ドロフィーズキャンパス)」は、北欧のスローライフやオーガニックな暮らしをフィーチャーした体験型スポット。約30世帯の地域の人々から譲り受けた古民家や倉庫をリノベーションしたという約8000坪の敷地内にはカフェやインテリアショップ、宿泊施設などが並び、まさに小さな北欧タウンと言えます。日常から少しだけ足を延ばして、北欧のライフスタイルを体験してみませんか。
 
 

◆日々を豊かにするヒント 
 北欧の美しく丁寧な暮らし

 
glay-s1top.jpg
スローなライフスタイルを提案するドロフィーズインテリア
自然豊かな北欧といえば、インテリアにも自然素材を活かし、大切に長期的に使う文化が根付いていることで知られます。また、室内で過ごす時間が長いことから、明るい色彩や温かみのあるデザインも特徴です。「DLoFre’s」は、そんな北欧をテーマにした、ライフスタイルを美しくするブランド。敷地内の風景や、様々な体験全てを通じて、“丁寧な暮らし”へのインスピレーションを提供しています。
 
キャンパスの中心であるドロフィーズ・ストリートには「北欧薪ストーブギャラリー」や、ファブリックブランド「marimekko(マリメッコ)」の正規取扱店「マリメッコギャラリー」などが並び、賑わいを見せています。少し進むと、インテリアショップ「ドロフィーズインテリア」が。北欧の長く愛される上質なアイテムが多数そろい、インテリアのトータルコーディネートの相談もお任せ。また、すぐ近くにある北欧ヴィンテージ陶器ギャラリー「Scandinavia Kirpputori(スカンディナヴィア キルップトリ)」には、北欧の人気陶磁器ブランド「ARABIA(アラビア)」をはじめ、インテリアアーティストが現地で買い付けた一点物が充実しているので、必見です。
 
さらに進むと、現れるのは北欧を思わせるスローな風景。「ドロフィーズガーデンヒル」には、「ドロフィーズが成長し続ける宇宙(ひろがり)を表現した」という緑のサークル、高さ10mのシンボルツリーがそびえています。周囲には子どもが遊べるツリーハウスやこびとの家も立ち並び、丘の上には寛げるウッドデッキもスタンバイ。キャンパスを散策しているだけでも、日常を忘れてゆったりとしたひと時が過ごせそうです。
 
glay-s1top.jpg
北欧ヴィンテージ陶器ギャラリー Scandinavia Kirpputori
glay-s1top.jpg
店巡りの小休憩にもぴったりなドロフィーズガーデンヒル
 
 

◆食や住、つくる楽しみ 
 北欧ライフを体感する

 
glay-s1top.jpg
気持ちも空間も明るくするような北欧のファブリックがそろう
キャンパス内にあるのは、インテリアなどのショップだけではありません。ガーデンヒルの先にあるショップ「ファブリック」では北欧の代表的なブランド・marimekko社をはじめとしたファブリック約300種を取り扱っており、販売以外に、定期的にファブリックパネルのワークショップを開催しています。空間を明るくする北欧デザインのファブリックは、創作意欲を刺激。ハンドメイドで“つくる楽しみや喜び”を感じさせてくれます。
 
glay-s1top.jpg
北欧スローフードを楽しむ「ノルディックデリ」のランチ
あちこちショップをのぞいて、お腹が空いたら、ちょっとひと休み。カフェやレストランが点在しており、「9sense dining(ナインセンス ダイニング)」やスローフードの「ノルディックデリ」など、どの店も居心地にもこだわっているのがポイントです。地元でとれた新鮮野菜たっぷりのヘルシーなメニューに、心も体も安らぐでしょう。
 
日帰りじゃもったいない。もっとゆっくり過ごしたい――その場合はぜひ、古き良き日本文化を体感できる小さな民家に新たなデザイン・アート・自然素材を取り入れた宿「白のMINKA(ミンカ)」へ。自然と調和し、北欧ヴィンテージの家具に囲まれた空間では、ホテルや旅館とは違った癒しを体験できます。また、区画レンタルが可能な北欧週末菜園「はまころ」では毎週第3日曜日にオーガニック朝市が開かれているので、ゆっくり目覚めたらカフェでモーニングをとり、朝市へ繰り出すのも楽しそう。
 
glay-s1top.jpg
北欧らしいインテリアの9sense dining
glay-s1top.jpg
ドロフィーズカフェで体に優しい食事を
glay-s1top.jpg
オーガニックジャムなどの試食&販売も
 
北欧の暮らしを体験できるDLoFre’s Campus。ここに来れば、慌ただしい日常の中でも、丁寧に暮らすためのヒントが見つかるかもしれませんね。
 
 
DLoFre’s Campus
ホームページ
http://dlofre.jp/
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事