B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆プラントアーティストによる
本格的な植物のショップ

 
glay-s1top.jpg
少し都心に出ると、どこに行っても目にするのは、乱立してひしめき合う建物と人、人、人の群れ・・・。建物と人の群れをくぐり抜けながら職場と家を往復する日々に、疲れてしまっている方も多いのではないでしょうか。休日に公園に出かけたり、山や森に行ったりして自然の中で癒されたい──そう感じている人もいるはずです。でもできればもっと、身近で気軽に緑を感じられたらいいですよね。そんな現代人の理想を満たす提案をしてくれるのが、植物を販売するショップ、「GREEN FINGERS(グリーン フィンガーズ)」です。
 
「GREEN FINGERS」を率いるのは、プラントアーティストの川本諭氏。高校生の頃に買った多肉植物の力強い生命力に魅了されて以来、植物にのめり込み、その後はパーソナルトレーナーを経て、本格的に植物を極める道へ。現在は「グリーンがもつ本来の自然美と経年変化を魅せる」ことを意識して、植物のある空間をスタイリングしています。
 
川本氏は、「GREEN FINGERS」の店舗やウェディングブランド「FORQUE(フォーク)」を手がける他、これまでにアパレルブランドやライフスタイルショップ、カフェレストラン、ヘアサロンなどのディスプレイやインスタレーションを担当。庭園のデザインも手がけており、近年では日本とニューヨークを行き来しながら活動中です。
 
glay-s1top.jpg
植栽を施したカフェ「SAN TROPEZ」
glay-s1top.jpg
「FREEMANS SPORTING CLUB」外観
glay-s1top.jpg
左画像店舗の植栽アレンジの一部
 
 

◆緑溢れる都会のオアシスで
運命の一鉢との出合いを

 
glay-s1top.jpg
「KNOCK by GREEN FINGERS TENNOUZU」の内観と階段下の植物
「GREEN FINGERS」は東京と神奈川に6店舗、ニューヨークに1店舗展開しており、初心者が育てやすい品種から個性的な品種まで、多種多様な植物を扱っています。店内に足を踏み入れると、辺り一面に様々な色や形をした個性的な植物たちが生い茂っていて、まるで異国の植物園に来たような感覚に。
 
ユニークな品種だと、黄緑色の細い幹が直線状に伸びた多肉植物、「ユーフォルビア・オンコクラータ」や、ハンギングバスケットから多方向に垂れ下がり、先端で分岐している茎が、さながら線香花火のような「リプサリス・プリスマティカ」。葉のふちが鮮やかな赤色の「アグラオネマ」に、三角形の鋭いとげのような葉がみっしりと幹に連なった「モンキーパズルツリー」などなど・・・。
 
ふだん目にすることのない植物の数々は見ているだけでも楽しく、一目惚れして思わず衝動買い──なんていうこともありそうです。小さい多肉植物から大きな観葉植物まで様々なサイズの植物があるので、初心者はまずは小さくて世話がしやすいものから始めて、次第に少し手間のかかるものに挑戦していくのがいいかもしれませんね。世話をしているうちに、きっとさらにその生態と成長の過程に魅了されるはずです。
 
店舗にはそれぞれ特色があり、東京・三軒茶屋の旗艦店では、植物を使ったボトルブーケ、フラワーアレンジメントなどのオリジナルアイテムの他、雑貨やアクセサリーまで取り扱っています。港区北青山の店舗では、メンズライクな植物を取りそろえており、西区横浜の店舗では、特に個性的な植物を展開。品川区東品川の店舗では、テラリウムのオーダーメイドも可能です。渋谷区神南の店舗では、初心者でも扱いやすい植物が並び、世田谷区玉川の店舗はライフスタイルショップ、FREEMANS SPORTING CLUB(フリーマンズスポーティングクラブ)との共同店のため、限定商品が楽しめます。そしてニューヨークの旗艦店は、マーケットスタイルで植物を提供。中でも自分好みのレイアウトと品ぞろえの店舗に通えば、理想のライフスタイルが叶うかもしれません。
 
glay-s1top.jpg
旗艦店である三軒茶屋の店舗外観。外の植物が好奇心を煽る
glay-s1top.jpg
三軒茶屋の店舗内観。植物が配された遊び心ある空間が広がる
 

◆遊び心あるインテリアで
生活空間に心地よさと癒しを

 
glay-s1top.jpg
インテリアスタイリング例。植物を置けば部屋の表情も一変
植物は生き物として魅力的なだけではなく、インテリアとしてもその存在感を存分に発揮してくれます。川本氏は実践しやすくてセンスの高い様々なインテリア術を、多数の出版物を通して紹介。日本やニューヨークにある自身の自宅などを例に、写真と共にわかりやすく指南してくれています。
 
実践しやすそうなものでは例えば、鉢と鉢皿をオシャレなヴィンテージの袋やバッグに入れて置いたり、室内に大小様々な大きさの植物を点在させて立体感を出したり。さらに独創的なアイデアだと、植物をフレーム製のランプに絡ませたり、カーテンレールに並べて吊るしたり──といったアレンジも提案しています。
 
観葉植物は鉢に入れて床に置くもの、という固定観念があった人にとっては、こうしたアイデアの数々は、まさに目から鱗。今年11月には4冊目となる『Deco Room with Plants』がBNN 社より刊行予定なので、「写真でもっとイメージを掴みたい」と言う方は、ぜひ川本氏の著書を参考に、実践してみてください。
 
「人と植物の関わり方やスタイルを、様々な角度から提案することが自分の使命。それが多くの人にとって、新しい発見や発展になることが嬉しい」──そんな思いで植物のある空間をスタイリングし、提案する川本氏。同氏が手がける「GREEN FINGERS」に訪れれば、静かな佇まいで癒しを与えてくれると共に、力強い生命力を感じさせてくれる植物たちに、きっと惹きつけられるはずです。
 
glay-s1top.jpg
こちらもインテリアスタイリングの一例で、植物をあしらった照明がインパクト大。ぜひ植物のアレンジを楽しんでほしい
 
 
GREEN FINGERS
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-13-5
TEL 03-6450-9541
営業 12:00~20:00
定休日 水曜
ホームページ
http://www.greenfingers.jp
フェイスブック
https://www.facebook.com/SatoshiSatieKawamoto
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事