B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

◆飲める! 泊まれる!
 「STAND BY ME」

 
glay-s1top.jpg
2017年6月に開業! 「STAND BY ME」立ち飲みカウンター
日本の大都市圏の1つに挙げられる、福岡。「アジアの玄関口」を掲げる福岡空港は市内とのアクセスも良好であり、近年はインバウンドの人気上昇エリアにもランクイン、さらに、高い人口増加率を誇るなど、国内外から注目を集めています。
 
そんな福岡で、2017年6月15日、ちょっとユニークなスポットがオープンしました。中央区大手門に誕生した「STAND BY ME(スタンド バイ ミー)」は、簡易型宿泊施設――いわゆるホステルです。訪日旅行者増加に伴い全国的に宿泊施設が増える中、注目を浴びる「STAND BY ME」には、いったいどんな特色があるのでしょうか? 
 
「STAND BY ME」のキャッチコピーは、“泊まれる立ち飲み屋”。実は、1階が立ち飲みの居酒屋、2階・3階がホステルという、今までにありそうでなかった施設なのです。地元民や旅行者といった垣根を越えて楽しめる立ち飲みで、お腹と心を満たしたら、ご機嫌なまま上階のドミトリーでぐっすり・・・。人によっては、まさに夢のような場所なのではないでしょうか。しかし、「STAND BY ME」の魅力は“飲めて泊まれる”だけではありません。旅行者にもお酒好きにも嬉しい、充実のサービス内容を、とくとご覧あれ! 
 
 

◆人気店がレシピを伝授
福岡の美味が大集合!

 
glay-s1top.jpg
店内の通貨である木札4枚で、これだけ楽しめる! 
「STAND BY ME」には、訪れる人を喜ばせる工夫が盛りだくさん! 例えば、店内での通貨は、現金ではなくオリジナルの木札。4枚1000円で販売されており、ドリンクもフードも、全てこの木札でオーダーが可能です。ちなみに、木札が余った場合は、次回にとっておくのも手ですが、福岡の“オトナのたしなみ”として、隣の席の旅人か若者へ渡してあげるのが「STAND BY ME」流。木札が“奢る”という行動の敷居を下げ、客同士の交流を後押ししてくれます。
 
ただ、お酒の飲み方は人それぞれ。その日の気分によっても違うものです。そこで一役買うのが、ドリンクのコースター。「Don’t leave me alone(ひとりにしないで)」「Leave me alone(ひとりにして)」と書かれたコースターで意思表示ができ、どんな気分のときにも心地よく利用できるので、ご安心を。
 
気になるフードのメニューは、全面的に福岡をフィーチャーしたものばかりです。3種のモーニングやランチのメニューは、福岡の地元食材や人気店の味が盛り込まれています。そして、夜の立ち飲みメニューは、東京でも注目を集めている博多のうどん居酒屋「二○加屋(にわかや)長介」がプロデュース。福岡の人気店のレシピを預かって再現したものや、名所などの名前を冠したコラボメニューなど、福岡らしい料理が約30種そろっています。「STAND BY ME」を通して、国内外の様々な人が、福岡の地域とつながることができるのです。
 
glay-s1top.jpg
朝食には人気ベーカリーのパンも登場
glay-s1top.jpg
「フラクタス」のグラノーラも朝食に
glay-s1top.jpg
和朝食は福岡県産米と具たくさん豚汁
 
万が一、せっかく足を運んだのに「財布を忘れた!」「飲み代がない!」なんていうことがあっても、その日が24日ならラッキー! なんと、毎月24日には店を手伝えば、木札が4枚もらえるという驚きのサービスを展開予定だとか。この粋なサービスを利用すれば、自然と店舗スタッフとのコミュニケーションも生まれる他、かけがえのない旅の思い出となることうけあいです。何から何まで、ありそうでなかった「STAND BY ME」は、一度足を運べば何度でも通いたくなること間違いないでしょう。
 
 

◆地元の人からも愛され
元気の連鎖を生む場所に

 
glay-s1top.jpg
最大3床の個室。自然光がたっぷりと入る明るい空間
glay-s1top.jpg
ドミトリーのベッドははしごではなく階段を設置している
客室は、最大3床の個室が1室、32床のドミトリーのうち、8床が女性専用。いずれも自然光が入る明るい空間であり、通路も広め。ベッドにははしごでなく階段を設置するなど、大きなトランクを持っている人にも、ほんのり千鳥足の人にも、嬉しい配慮がなされています。
 
その他、館内のインテリアのあちこちに福岡のアーティストによるデザインが施されているなど、施設全体に、余すことなく福岡の魅力が詰め込まれた「STAND BY ME」。ここまで福岡愛に溢れているのは、運営会社である株式会社ブルースカイの代表取締役CEO・貞末真吾氏自身、関東から移住してしまったほど福岡に魅せられた1人だからかもしれません。
 
国内外の様々な人が触れ合うことで、元気の連鎖を生む場所を、地域の人たちとつくりたい。福岡の人たちに喜んでほしい――。様々な思いが形となったばかりの「STAND BY ME」が、訪れる旅人や地元の人たちの思いを受けて、どのように発展していくのか楽しみですね。福岡を訪ねる際は、ぜひ立ち寄ってみてください。
 
glay-s1top.jpg
株式会社ブルースカイの貞末真吾代表取締役(左)
glay-s1top.jpg
明るく元気な店舗スタッフたちとの交流も楽しみの1つに

 
STAND BY ME
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門1-3-22
http://stand-by-me.jp
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事