B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆バックパッカーが手がけた
 淡路島の人気キャンプ場

 
glay-s1top.jpg
キャンパーで賑わう淡路島・船瀬のビーチ
残暑はあるものの、朝晩は少しずつ秋のムードが漂ってきました。屋外で過ごすのにちょうどいいこれからの時期こそ、アウトドアが楽しみなシーズンです。
 
大人のためのグラマラスなキャンプ“グランピング”も、今やすっかり定番化。そうした流れを受け、全国にグランピング施設が増える中でも、コアなキャンパーから“グランピングの聖地”として愛されているのが、淡路島にある「First class Backpackers Inn .」――通称「FBI  AWAJI」です。
 
FBI淡路のある場所は、もともと「船瀬キャンプ場」という人気のキャンプ場でした。その船瀬キャンプ場の閉鎖後、ファンだったバックパッカーたちが跡地を購入し、自らの手でリノベーション。そして2011年に生まれ変わったのが、FBI  AWAJIなのです。
 
ウッドデッキ付きのキャビンの他、グランピング仕様のテントやティピーなど、快適なアウトドア環境が充実。加えて、淡路島の自然を満喫でき、アウトドアレジャーの醍醐味を損なわないのもFBI  AWAJIの大きな魅力と言えます。
 
First class Backpackers Inn――つまり、最上級のバックパッカーの宿。キャンプのビギナーからエキスパートまで楽しめる聖地・FBI  AWAJIに注目です。
 
 

◆個性派キャビンに本格ティピー
 自由なアウトドアスタイルを

 
glay-s1top.jpg
キャビンの中はインテリアも個性豊か!
淡路島の船瀬海岸にあるFBI  AWAJI。テントサイトはビーチエリアと高台のシービューエリアに分かれており、どこにいても海を間近に感じられるようになっています。
 
宿泊用のキャビンは、アウトドア初心者にも嬉しい設備に加えて、どれも個性豊か。例えば、鮮やかなピンク色の外観が目を引く「CANDY」は、室内にはクッションソファー、テラスにはハンモックやタイ枕を配した、のんびりと寛げるシチュエーションです。また、屋根のデザインが象徴的な「PEANUTS」は、窓から海を見渡せるロフト付き。この他、アメリカンサイズの大型バーベキューグリルを備えた「BILLY」、ヴィンテージ感あふれるウロコ屋根とトタン壁の「FRISBY」、さらに、新たに8名用の「MOOMIN」と4名用の「LUCY MAY」が加わりました。どのキャビンも趣向を凝らしたインテリアとなっており、鮮やかな色使いが楽しいひと時を華やかに彩ります。
 
glay-s1top.jpg
カラーリングがオシャレなキャビン「FRISBY」
glay-s1top.jpg
設備の整ったコットンテント「JERRY」。これぞグランピング!
 
glay-s1top.jpg
囲炉裏を囲むスタイルの「TIPI CLASSIC」
気になるグランピングスタイルは、快適かつ本格的なキャンプが体験できると大好評です。ベルギーから輸入したコットンテント「JERRY」内には絨毯やテーブル、チェア、ダブルベッドを配し、居心地も抜群。グリルとダイニングテーブルが備え付けられたタープスペースは、さながら緑に囲まれたダイニングキッチンと言えます。いっぽう、スウェーデンからFBI  AWAJIが直接輸入したという本格ティピーの「TIPI CLASSIC」は、カラフルなセネガルゴザを敷いた室内で囲炉裏を囲むロースタイル。「TIPI CLASSIC」以外にも、カラフルなマットレスを敷き詰めた室内で横たわりながら海を眺められる「TIPI RELAX」など全3タイプのティピーがあるので、好みのシチュエーションを選んでみては。
 
FBI  AWAJIでは、ビーチエリア以外はオートキャンプもでき、全エリア焚き火をすることも可能。豊かな自然の中で、思い思いのアウトドアスタイルを楽しみましょう。

 
 

◆星空と波の音に包まれる
 ビーチバーで楽しい夜を

 
glay-s1top.jpg
開放感たっぷりなビーチバー。昼はカフェとして営業する
glay-s1top.jpg
トロピカルカクテルなど、FBIオリジナルのメニューも必見!
キャンプの楽しみの1つは、自然の中で仲間と楽しむ食事やお酒。各キャビンやテントのリビングスペースでバーベキューを楽しむのはもちろん、夜はキャンプスペースに隣接するビーチバーで過ごすのも手。
 
開放的なウッドデッキを備え、リゾートムード漂うビーチハウスは、キャンプの受け付けや売店も兼ねたカフェになっています。アメリカンサイズの「FBIバーガー」やロコモコ、カレー、ガパオライスなど、フードメニューも充実。夜はバーとして賑わい、波の音をBGMに、自家栽培のミントをたっぷりと使った爽やかなモヒートをはじめ、オリジナルのカクテルやビールなどを楽しめます。時にはアコースティックライブが開催されることもあるので、ぜひチェックしてみてください。
 
キャンプを愛する人たちの手で、生まれ変わったFBI  AWAJI。美しい自然と、誰にとっても快適な環境を維持できているのは、訪れる人たちもルールをしっかりと守っているからこそ。これも、“聖地”と呼ばれる所以かもしれません。
 
日差しや気温の心地いいこのシーズン。少し足をのばして、FBI  AWAJIで、ファーストクラスのキャンプを体験してみませんか。
 
glay-s1top.jpg
波の音や時間と共に変化する空など、自然を肌で感じられる
glay-s1top.jpg
快適な環境の中でも、アウトドアの醍醐味を噛みしめたい
 
 
First class Backpackers Inn .
〒656-1344 兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
http://www.fbi-camping.com/awaji
 
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事