B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

◆万華鏡の世界を広げた
   カレイドスコープ昔館

 
141015ls90ex01.jpg
アンティークショップのような趣ある佇まい
 誰しも、一度は万華鏡を覗いたことがあるかと思います。筒の内部に貼られた鏡に色とりどりのオブジェクトが映り、視界に広がる幻想的な世界。オブジェクトを軽く動かすたびに模様は変わり、その美しい光景との出会いはまさに一期一会です。最近では、構造や外装のデザイン・サイズも様々な万華鏡を目にする機会も増え、単なる子供の玩具ではなく、美術品として愛好する人も増えてきました。
 
 しかし、日本でこうした万華鏡の魅力に注目されるようになったのは、ごく最近のことなのです。
 
 1994年――麻布十番に、日本初の万華鏡専門店がオープンしました。その名は「万華鏡専門店カレイドスコープ昔館」。以来20年にわたり、万華鏡の魅力を発信し、日本人作家の誕生にも大きな影響を与えてきました。折しも、芸術の秋。日本の“カレイドスコープ・ルネッサンス”を牽引し続けるカレイドスコープ昔館で、美しい万華鏡の世界を覗いてみませんか・・・?

◆種類も豊富に進化!
   万華鏡の今昔を知る

 
141015ls90ex02.jpg
オブジェクトのわずかな変化で、一瞬にして世界を変える万華鏡
141015ls90ex03.jpg
光の当たり具合や見る人の心情によっても見え方が変わってくる
141015ls90ex04.jpg
美しいステンドグラスや細工はインテリアにも
 万華鏡・・・英名でカレイドスコープは、1813年、光学や光学機器の研究を行っていたスコットランドの物理学者・デヴィット・ブリュースター卿により発明されました。ロンドンやパリで「哲学的な玩具」として人気を博し、瞬く間にアメリカや日本など世界中に広がっていった万華鏡。とはいえ、美術品のように凝ったものがつくられたのは発明当初のみ。その後は長らく、子供の玩具という位置づけにあったと言います。ようやくアメリカで新しいアートとして再注目されるようになったのは、1900年代半ばのことでした。
 
 その後、1980年代には、大人の好奇心を刺激し、癒しを与えるファンタジックなツールとして新たな時代を迎えます。少しずつ万華鏡が見直されたことでアーティストや愛好家が増え、趣向を凝らした様々なサイズやデザインのものも生まれました。そうした世界を知り、魅せられたのがカレイドスコープ昔館のオーナー・荒木路氏。アメリカへ渡り、米国万華鏡協会のサポートを得、この万華鏡の新たなムーブメントは荒木氏により日本にもたらされたのです。
 
 現在でも万華鏡の基本構造は変わらないものの、中心に円形イメージを映す2ミラーシステムや球体のイメージを映すテーパードミラーシステム、混ざり合ったイメージを映すサークルミラーシステムなど様々なシステムがあります。また、スコープのタイプも一般的なチェンバースコープの他、円形ホイールを回転させて模様を変化させるホイールスコープ、オイルの流れによってオブジェクトの動きを楽しむオイルチェンバースコープ、さらには透明なレンズで覗いた対象を万華鏡の模様として映し出すテレイドスコープなど、多種多様。さらに、つくり手の感性も加わり、万華鏡の世界はこれからも無限に広がり続けていくことでしょう。
 
141015ls90ex05.jpg
万華鏡選びに迷ったらこちらを参考に
141015ls90ex06.jpg
伝統工芸である有田焼とのコラボ
141015ls90ex07.jpg
木やガラス、金属など素材の自由度も高い
 

◆万華鏡を覗いて気付く
   自身の心と一瞬の価値

 
141015ls90ex08.jpg
多種多彩な万華鏡がところ狭しと並ぶ店内は、まるでミュージアム
 カレイドスコープ昔館には、常時300~500種類の万華鏡が並びます。オブジェのようなものから、オルゴールと一体になったもの、身に着けられるアクセサリータイプまで、従来のイメージを覆すような作品が充実。中には職人とのコラボによる有田焼の万華鏡といった日本らしさを感じるものも。日本の作家による万華鏡はまだまだ全体の3~4割ということですが、海外の作品とは違った趣があり人気を集めている他、海外の作家も日本の作品から刺激を受けることで、業界はまさに万華鏡のように目まぐるしく変化しているのです。

 
141015ls90ex09.jpg
繊細なデザインを施したアクセサリータイプ
141015ls90ex10.jpg
この大きな東京タワーももちろん万華鏡!
141015ls90ex11.jpg
世界でたった一つの万華鏡を手づくりしよう
 
141015ls90ex12.jpg
大人になることで忘れていた想像力を喚起し、心を豊かにしてくれる
 誰もが幼い頃は目に映る様々なものに興味を持ち、深く見つめることで新たな気付きがありました。そのたびに、世界が輝いて見えたのではないでしょうか。万華鏡には、一瞬にして世界を変える力があります。一点をゆったりと見ぬくことで、大人になるにつれて忘れてしまった想像力や感動を喚起すると共に、一瞬の大切さに気付かせてくれるはず。また、偶然の奇跡が紡ぐ美しい景色は、まるで見る人の気持ちを反映するかのように、時に心を弾ませてくれ、時には疲れをそっと癒してくれることでしょう。
 
 時代を超え、姿を変えながら、人々の心に語りかける万華鏡。大人になった今こそ、ぜひ手に取ってみてください。カレイドスコープ昔館では、貴重な作品と出会えるだけでなく、オリジナル万華鏡を手づくりする万華鏡教室も行っています。ぜひ、唯一無二の景色を見付けてください。世界の見え方が、変わるかもしれませんよ。
 
 
 
万華鏡専門店カレイドスコープ昔館
〒106-0045 東京都港区麻布十番2-13-8
TEL 03-3453-4415
無休
営業 11:30~19:00(日曜・祝日は11:00~18:00)
 
 (この情報は2014年10月15日現在のものです)
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事