B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

◆非日常でパワーチャージ!
   心身を癒す一人旅のススメ

 
130801_ls66-ex01.jpg
森を身近に感じられる星野温泉 「トンボの湯」
 一人旅に対して、「寂しそう」 といったネガティブなイメージを持たれていたのはもはや昔のこと・・・。近年、「お一人様」 はあらゆるシーンで浸透し、一人旅が注目されています。一人旅の魅力は、なんといっても自由な時間。日常から離れた特別な場所で自分だけの時間を持つことで、リラックスしたり、感覚が研ぎ澄まされて新たな刺激を受けたりと、心身のリフレッシュにもつながります。こうしたライフスタイルのメリハリは、忙しいビジネスマンにこそ必要なのかもしれません。
 
 国内屈指のリゾート地である軽井沢に、雄大な自然と融合した贅沢な湯宿 「星のや 軽井沢」 はあります。広い施設は、森の中の水辺に点在する客室が “谷の集落” を形成し、ゆったりとした時間が流れる別世界。美肌の湯と名高い良質な温泉と充実したアクティビティ、そしてとっておきのホスピタリティが、日頃の疲れもすべてリセットし、新たな活力をみなぎらせてくれるはず。この夏、「パワーチャージ」 をテーマに、「星のや 軽井沢」 が提案する “極上の一人旅プラン” を体験してみませんか・・・?
 
130801_ls66-ex02.jpg
水際に集落を形成する客室。日没後、水面には幻想的な水行灯が
130801_ls66-ex03.jpg
広い庭には小川のせせらぎと野鳥のさえずりが静かに響き渡る
 
 

◆山あいに抱かれた
   幻想的な水辺の宿

 
130801_ls66-ex04.jpg
夏限定「棚田BAR」での一杯は至福のひと時
 大正4年に開かれた星野温泉の歴史を受け継ぐ 「星のや 軽井沢」 施設内には、自然木が茂り、森の中さながら。数多くの野鳥をはじめ、ムササビの姿も見られるほどです。フロントやメインダイニングを備えた 「集いの館」 や、独立型の客室などの建物は、谷の地形をそのまま活かしてつくられました。いずれも大きな窓から四季の彩りを望むことができ、室内にいながら自然との一体感を味わえるのが特長。また、日暮れと共に大きな池の水面には行灯が灯され、優しく揺らぐ光が辺り一体を幻想的なムードに包みこみます。
 
 テレビや時計もなく、小川のせせらぎや鳥のさえずりに耳を傾け、夜の帳で一日の終わりを感じる・・・。日常とは時間の流れ方が違う 「星のや 軽井沢」 で過ごせば、心と体の緊張が次第にほぐれてくるでしょう。
 
 77室ある客室は、水辺を望む「水波」、高台に建つ 「山路地」、中庭を構えた「庭路地」 の3タイプ。採光や換気に適した風楼を採用しているため、居心地の良さは抜群です。それぞれ趣や眺望が異なり、中でも施設を見渡せる 高台にある「山路地」の部屋の テラスからは、目の前に野鳥の森、眼下に集落を見渡すことができ、景色は格別です。都会では感じることのない開放感や爽快感を、ぜひ味わってみてください。
 
130801_ls66-ex05.jpg
テラスとリビングが一体となった水波の部屋
130801_ls66-ex06.jpg
明るく開放的な高台の山路地の部屋
130801_ls66-ex07.jpg
山路地の部屋にはリビング風のテラスが
130801_ls66-ex08.jpg
布団風の寝具 「フートン」 が快眠を提供
130801_ls66-ex09.jpg
高台の部屋からは施設を眼下に一望!
130801_ls66-ex10.jpg
庭に面したダイニングは、山と川床を表現
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事