B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

 

◆家電業界に新風を吹き込んだ
   “自然の風” を起こす扇風機!?

 
130701_ls67-ex001.jpg
「BALMUDA」が開発した革命的扇風機!
 2011年に起きた東日本大震災以降、電力不足の影響から夏場の扇風機使用が改めて見直されています。扇風機といえば、エアコンより消費電力が少なく、手頃な価格のものが多いのが特長ですが、近年、より高性能な扇風機が続々と登場。中でも、2010年4月に3万円台という高価格でありながら、発売するやいなや人気を集めたのが、「BALMUDA(バルミューダ)」 が手がける 「GreenFan」 です。
 
 その2013年モデルの 「GreenFan2+」 は、デザインのスタイリッシュさはもとより、なんと最小消費電力は2Wと従来の約15分の1! さらに音は驚く程静かで、今までにない “自然の風” を再現するという革命的な扇風機なのです。製品を目にすると、そのデザイン性の高さに 「流行のインテリア家電」 と捉える人もいるかもしれません。しかし、その機能性を体感すれば、技術革新の賜物であることを実感することでしょう。今回は、今夏も注目必至の 「GreenFan2+」、そして家電業界の異端児とも言うべき 「バルミューダ」 のものづくりの姿勢に注目します。
 
 

◆内外2種類の羽根により
   肌をそよぐ優しい風を実現

 
130701_ls67-ex02.jpg
1つの羽根で2種の風を生む「グリーンファンテクノロジー」
 従来の扇風機は、渦を巻いた固い風で狭い範囲に集中し、疲れを感じる人も多かったはず。いっぽうで、私たちが 「心地いい」 と感じる自然界の風は、空気が大きな面で移動するものです。「バルミューダ」 の「GreenFan2+」 は、この面で移動する風、つまり “自然界の風” を再現することに成功した、史上初の扇風機なのです。
 
 「GreenFan2+」 には、二重構造の羽根が内側5枚、外側9枚の合計14枚。内外にそれぞれ速度の異なる風を生み、ぶつかりあうことで風が拡散、肌をなでるそよ風に生まれ変わります。これぞ、「バルミューダ」 の特許技術 「グリーンファンテクノロジー」 です。モーターは超低速回転が可能な新開発のDCブラシレスデジタルモーターを採用し、わずか2Wの消費電力を実現しました。また、そのモーターにより、最弱運転時の動作音は13デシベルに。これは人にはほとんど聞こえない “蝶2羽がはばたく音” と同じ大きさだとか。
 
 一日中つけていても気にならず、心地よい。さらに省エネルギーという革命的な扇風機 「GreenFan2+」 は、どのようにして開発されたのでしょうか。
 
130701_ls67-ex03.jpg
従来の扇風機だと空気が渦を巻き、押し出されていた
130701_ls67-ex04.jpg
一点で風がぶつかり合って拡散、面で移動する自然界の風を再現
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事