B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

輸出体制の最適化を支援 コスト削減を実現する!
大和パートナーズ株式会社 代表取締役社長 尾島隆規

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 駒田徳広(野球解説者)
駒田 輸出に関するコンプライアンス強化やロジスティクスの最適化を提供する大和パートナーズさん。尾島社長のご経歴や業務内容を教えてください。
 
尾島 私は半導体製造装置メーカーで輸出に関する業務を担当し、コンプライアンス体制を整えロジスティクスの改善を指揮することで、年間1億円のコスト削減を実現してきました。この経験と実績をもとに弊社を創業し、現在は3本柱で事業を展開しています。その1本目は、お客様に輸出に関する法律を守っていただくためのお手伝いです。
 
駒田 その法律はたくさんあるのでしょうね。
 
尾島 はい、輸出関連の法律書は驚くほど分厚く毎年のように改正されるんです(笑)。でも、これを守らなければ法律に違反したり、海外のテロ組織に商品が渡ってしまったりすることにもなりかねません。そこで弊社は、お客様に法律の内容をわかりやすくご説明し、コンプライアンスを徹底する企業へ成長していただくため全力を注いでいます。
 
駒田 重要な役割を担っているのですね。2本目の柱は?
 
尾島 物流業者と協業しながら物流を自社で担うためのサポートです。弊社ではできる限り自前の物流体制を築けるよう最善の仕組みをご提案しています。
 
駒田 それによりコストが跳ね上がることはないのですか? 
 
尾島 企業規模や輸出量によるものの、私の経験から言って安くなる場合がほとんど。物流を自前化することでより早く、安く災害に強い体制を築くことができます。3本目の柱は、輸出にかかわる方や物流関連の資格を取るために勉強する方への教育です。現在、「資格取得に向けて頑張る方を応援したい」との思いではじめたYouTubeチャンネル「やまとちゃんねる」では講義動画を無料公開しています。
 
駒田 知識ある人材を育てたいとの熱意が伝わるお取り組みです。でもそうでなければ、物流もコンプライアンスを徹底できませんものね。
 
glay-s1top.jpg
尾島 駒田さんのおっしゃる通り、輸出や物流には安全保障貿易管理士や運行管理者などさまざまな資格があります。若い方たちにはこの分野にもっと挑戦していただきたいですし、弊社はそのための支援を惜しみません!
 
駒田 グローバル化の中でしのぎを削る企業にとって、ロジスティクスの最適化やコンプライアンスは欠かせない要素です。尾島社長を見ていると、データを駆使してチームを改革していた野村克也監督のように思えますよ。今後のご活躍を私も楽しみにしています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
常に夢を描いて追いかけることだと思います。そうすればどんどん自分が進化していき、より良い仕事につながりますから。
(尾島隆規)
 

:: 企業情報 ::

大和パートナーズ株式会社

〒220-0012 神奈川県横浜市みなとみらい4-4-2 横浜ブルーアベニュー12F

ホームページ
https://www.yamato-partners.net

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事