B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

遊び場感覚で児童が集う 視覚機能の訓練教室
ビジョントレーニングスタジオ すまいるびじょん教室/株式会社Precious One 代表 佐藤智子

 
プロフィール 兵庫県出身。空手を習う息子へのサポートとしてビジョントレーニングに出会い、運動面だけでなく学習面にも効果が期待できることに着目。視覚機能を鍛えることによる脳の活性化が発達障害や認知症の予防にもつながると学び、インストラクターとしてビジョントレーニングの普及活動をスタートした。主に地域のつどい場などで活動するも、より子どもたちが通いやすい環境にすべく、すまいるびじょん教室をオープン。【ホームページ
 
 
 
ビジョントレーニングに高気圧酸素ルーム。まるでアスリートご用達のジムのように思えるが、すまいるびじょん教室に通うのは小さな子どもやお年寄りである。特に佐藤智子代表が注力したいと話すのが、学習面や発達面に課題のある子どもへのサポートだ。「勉強につまずいたり落ち着きがなかったりするのは、視覚機能が関係していることも多い」。そう話す佐藤代表に、ビジョントレーニングや教室の魅力について詳しく話を聞いた。
 
 
 

脳機能の維持向上に期待できる「目の訓練」

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 ビジョントレーニングスタジオ すまいるびじょん教室さん。佐藤代表はトレーナーも兼任されています。ビジョントレーニングはプロ野球界の一流選手やプロボクサーも取り入れているなど、最近はアスリート界での知名度が高まっていますよね。海外では、もっと昔から活用されているとうかがいました。
 
佐藤 ええ、ビジョントレーニングは欧米諸国では80年以上も前から歴史があり、子どもの注意欠陥多動性障害、通称ADHDをはじめ、学習障害、いわゆるLDや読み書き障害ディスクレシアなど発達の障害に対するさまざまな改善、克服に取り組まれています。両眼で見る力をしっかりと鍛えることで視覚機能を高め、学習力や運動能力の向上につながります。
 
濱中 へえ、学習面にも効果があるとは知りませんでした!
 
佐藤 視覚機能を鍛えれば目と脳と体への一連の動きがスムーズになり、集中力や判断力、情報処理能力などさまざまな能力の向上が期待できるんです。そこで当教室では幼児~小学生対象コースや認知症予防コースを設け、発達障害や加齢による脳機能低下が心配な方向けのレッスンも行っています。一番小さいお子さまで3歳の生徒さんもいらっしゃいますよ。
 
濱中 いろんな世代の人が集まっているんですね。ビジョントレーニングの世間的な認知度はまだ高くないので、こうしてスポーツジム感覚で通える教室ができたのは、地域の方にとってありがたいと思いますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事