B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

痛みのない優しい施術で 根本から改善へ導く整体
整体サロン 力指~RIKISHI~ 院長 富澤卓

 
プロフィール 大阪府出身。プロカメラマンを目指し、放送業界の仕事に従事する。その後、一念発起し整体の道へ転身。スポーツトレーナーの専門学校でノウハウを習得し、大阪市のマッサージ店で10年間修業を積んだ。2014年に独立を決め整体サロン力指~RIKISHI~を開業。短時間での弱い刺激で痛みを根本から改善する「ナチュラル整体」を確立し、カウンセリングから施術まで一人で対応するトータルケアは、顧客から厚い信頼を寄せられている。【ホームページ
 
 
 
整体サロン力指~RIKISHI(リキシ)~の富澤卓院長は、カウンセリングと検査も重要な施術の一つとし、病歴や服薬中の薬など顧客の情報を20分以上かけて問診し、痛みの原因を追究する。どんな施術が何回必要か、通院する頻度なども丁寧に説明し、一人ひとりの体の不調の改善に向けて親身に寄り添う。マッサージなどの一時しのぎの対処療法ではなく、施術後には再発予防の自主トレの提案まで行ってくれる、富澤院長の仕事への熱い思いに迫った。
 
 
 

業種から飛び込んだ整体の世界

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 完全予約制の「整体サロン力指~RIKISHI~」さんにお邪魔しています。富澤院長は、社会人の初めからこの業界の仕事に従事していたのでしょうか?
 
富澤 いいえ、テレビの放送業界にいました。映像プロダクションの会社に勤め、プロのカメラマンを目指していたんです。
 
タージン 私どもと同じ業界にいらしたのですか! まったくの異業種から整体の道に進まれたわけだ。
 
富澤 ええ。転職を考えたとき、真っ先に浮かんだのがマッサージの仕事でした。というのも、20代半ば頃、宮古島で人生初のマッサージを受け、施術と接客に感動しましてね。それ以来、「こういう仕事もいいなぁ」という思いがずっと頭の片隅にあったんです。それで30歳でスポーツトレーナーの専門学校に半年通った後、大阪市内のマッサージ店で10年間修業しました。そして2014年に一念発起し、当院を開業したんです。
 
タージン 整体に寄せていた関心が、独立開業という形で花開いたと。それにしても、カウンセリングから施術まで一人で対応なさっていると聞き、忙しそうな印象を受けました。ちゃんと休めていますか?
 
富澤 はい、定休日の木曜日と日曜日には、私もしっかり休ませていただいていますよ。
 
タージン 力指さんはオフィス街の真ん中にあって立地も良く、四ツ橋駅や心斎橋エリアからも徒歩圏内なので通いやすそうです。ところで、こちらのユニークな屋号の由来がずっと気になっていました。
 
富澤 私は人より指の力が強いので、「力指」と名付けました(笑)。これは、当て字なんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事