B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

車の販売から整備まで
高級路線で差別化に挑む

 

輸入車への対応に自信あり!

 
glay-s1top.jpg
畑山 地域の町名を社名に選ぶほど郷土愛にあふれる福田代表のお人柄がわかってきました。何より心地よい話し方だから、すぐに打ち解けられる気がするなぁ。そのコミュニケーション能力の高さは、会社運営に欠かせない強みの一つでしょうね。
 
福田 畑山さんにそう言ってもらえると嬉しいです。関東の人には、関西弁が怖い印象を与えるようですね。特に、富田林市のある南河内エリアは大阪の中でも田舎独特のしがらみの強い土地柄もありますし、河内弁は「汚い方言」とも言われていて、ガラの悪い場所だというイメージがあります。しかし、ここは私の地元でもありますし、ここで事業を立ち上げることにこそ意味があると思い、今に至ります。この土地でこだわりを持ってサービスを提供しているからこそ、自然とコミュニケーション力が培われたのかもしれないですね。
 
畑山 なるほど。多様な人たちに揉まれながら育ったということなら、分け隔てなくどんな客層にも対応ができると思います。会社には何名くらいのスタッフさんが在籍しているんですか?
 
福田 私を入れて3名です。事業としては、車の販売・整備・鈑金塗装が3本柱で、うまくみんなで役割り分担ができています。私は販売を主としているんです。
 
畑山 まさに少人数精鋭という感じですね。福田代表は自動車整備工場で経験をお積みになったとのお話でしたから、車のことなら幅広くなんでもこなせる印象があります。
 
福田 そうですね。前の会社では整備を中心に行いつつ、販売や鈑金、車検や保険のことなど、車にまつわるお客様のお困りごとにはすべて対応していました。そこで学んだおかげで、今もさまざまなニーズに臨機応変に対応させていただいています。
 
畑山 それは頼もしい! 北別井自動車鈑金塗装さんは車のことならすべてワンストップで対応してくれるからこそ、安心につながると思います。ところで、先ほど事業拡大のために拠点をこの工場に移したと言われていました。具体的にはどういった事業の拡大ですか?
 
glay-s1top.jpg
福田 販売に力を入れた事業拡大です。昨年からスタートし、おかげさまで好調に推移しています。特に、輸入車の販売に注力していましてね。この地域は自動車の整備会社が多いため、輸入車を取り扱うことで、他社様との差別化を図っています。
 
畑山 なるほど。競合との差別化を考えてのことだったんですね。さすが高級車を扱っていることもあって、ホームページのセンスがよくて、格好いいなと思いましたよ! 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事