B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

害獣の行動を先読みし 住まいを完全プロテクト
株式会社JUST ONE 代表取締役 川島大知

 
プロフィール 滋賀県出身。15歳で大工になり、戸建て住宅の建築やリフォームに携わる。その中で害獣被害に悩む人が多いと知り、害獣駆除業で独立。大手害獣駆除紹介会社の協力企業として約10年間活動し、2018年3月に「害獣プロテクト」を立ち上げた。母体となる(株)JUST ONE全体では、リフォーム業や遺品・廃品回収業なども展開し、住まいに長期的に寄り添える企業を目指している。【ホームページ
 
 
 
ネズミなどによる家屋破損や衛生汚染といった害獣被害。その対策を行う害獣駆除業者の中には、場当たり的な施工をしたり、保証期間をあいまいにしたりする業者もあるという。だからこそ、優れた施工で最長5年の安心保証を掲げる株式会社JUST ONE(ジャストワン)に、全国各地から依頼が集まるのだろう。「業界へのネガティブなイメージを払拭したい」。そう語る川島大知代表取締役に、奥深い害獣駆除の仕事について詳しくうかがった。
 
 
 

業界歴10年以上、害獣駆除のエキスパート

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 害獣駆除の専門業者「害獣プロテクト」を運営する株式会社JUST ONEさん。川島社長がこの事業を始めたきっかけは何だったのですか?
 
川島 15歳から大工職人をしていて、戸建て住宅の建築やリフォームを多く手がけてきたんです。その中で害獣被害に悩まれる方が多いと感じ、この仕事を始めました。そして、大手害獣駆除紹介会社の協力会社として約10年経験を積み、2018年3月に害獣プロテクトを設立したんです。
 
狩野 10年以上のキャリアを持つベテラン専門業者さんなんですね。対応エリアはどのあたりなのでしょうか?
 
川島 日本全国に対応しています。本社を置く関西はもちろん、神奈川や愛知、岐阜、滋賀、福岡に営業所がありますし、北陸エリアでも加盟店さんが活動してくれています。私自身も、近畿エリア外に出張することが少なくないんですよ。
 
狩野 なんと、そんなに広範囲から要望があるんですね! 害獣プロテクトさんがいかに信頼されているのかが伝わりますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事