B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

自由と幸せを分かち合う 居宅介護・重度訪問介護
株式会社リバティ 管理者 舩越美予

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 居宅介護・重度訪問介護事業所のリバティライフホームケアと、特定指定相談支援事業所のリバティドリームを運営している、兵庫県神戸市の株式会社リバティさん。管理者の舩越さんにお話をお聞きします。それぞれの事業所の業務を教えてください。
 
舩越 リバティライフホームケアでは居宅介護支援として、ヘルパーが障害のある方のお宅にうかがって介護サービスをしています。一方、リバティドリームでは、相談支援員が居宅介護サービスの計画案を立てるなどの業務を行っているんです。相談支援員が計画したサービスを、同じ社内の居宅介護支援事業所で一貫して行えるので、スムーズなサービスを提供できるんですよ。
 
八木 利用者さんと接する中で、大事にしていることは何ですか。
 
舩越 利用者様との距離感ですね。家族のような気持ちで接するように心がけています。かと言って、距離が近すぎては私情が生まれるなどして業務に支障がでる恐れがあります。もちろん、距離が遠すぎてもいけません。ですから、ほどよい一定の距離を保つことが大切ですね。
 
八木 微妙な心の距離感を保ち続けることは難しいですよね。舩越さんが多くの経験を積んでこられたからこそ、その適切な距離感を掴めるのではないかと思いますよ。スタッフの育成面についてはいかがでしょうか?
 
舩越 居宅介護支援は利用者様のお宅へお邪魔するため、最低でも旧ホームヘルパー2級、現在の介護職員初任者研修の修了が必須です。そこで、スタッフの研修や育成にも力を入れています。さらにスキルアップを望むスタッフに対しては、介護福祉士などの資格を取得するためのサポートもしているんですよ。
 
八木 バックアップ体制がしっかりと整えられているわけですね。
 
glay-s1top.jpg
舩越 ええ。スタッフの待遇面を強化し、成果に見合った報酬を支払えるよう力を注いでいます。介護業界は慢性的な人手不足で、職場環境についての問題も多々あります。だからこそ弊社では、スタッフが働きやすい環境を整えることを大切にしているんです。利用者様はもちろん、スタッフも幸せになれることが理想ですからね。
 
八木 それは素晴らしい! 御社の社名である「リバティ=自由」とは、介護の現場においての“不自由さ”を知っている人たちだからこそ、真に成し遂げられるものだと思います。みんなが本当の自由と幸せを分かち合える素敵な会社だと感じました。これからも、頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
利用者様から相談を受けたり、頼ってもらったりすると、信頼してくださっているんだととても嬉しくなりますね。そして、心が通じ合えた感じることが一番の喜びです。
(舩越美予)
 

:: 企業情報 ::

株式会社リバティ

本社
〒651-2128 兵庫県神戸市西区玉津町今津640-12

事業所
〒655-0011 兵庫県神戸市垂水区千鳥が丘2-7-25

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事