B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

介護保険サービスを 個々に合うプランで実現
合同会社マイライフ/ケアプランセンター プラスケア 代表 小堀直子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪市鶴見区で、居宅介護支援事務所ケアプランセンター プラスケアを運営する合同会社マイライフさん。まず、小堀代表のお仕事内容をお聞かせください。
 
小堀 要介護認定を受けた方が、自宅で最適な生活支援を受けられるように介護保険サービスをご提案し、手続きを代行する仕事をしています。介護保険サービスには、デイサービス、訪問介護、訪問看護、入浴、福祉器具の貸し出しなどがありますね。
 
畑山 小堀代表が、利用者さんと、看護師さんや福祉事業所さんとの間に立って橋渡しをするのですね。どのようにお仕事を進めていかれるのですか?
 
小堀 まず、介護認定を受ける際に立ち会い、ご本人やご家族の希望をうかがいながらケアプランを作成します。それをもとにサービスを開始し、必要に応じて内容を調整していくんです。また、変更申請のお手伝いや介護保険サービス全般、入所に関するご相談もお受けしていますよ。
 
畑山 例えば、デイサービス施設を併設していたり、介護スタッフを抱えていたりするような支援事務所もあります。そうしたところとは別なんですね。
 
小堀 はい。そうしたサービス併設支援事業所で働くとサービスが限定されてしまいますからね。平等に、利用者さんに合う最適なケアプランが提案できることが私どもの強みです。このような単独支援事業所は鶴見区には50軒中3軒しかありません。
 
畑山 なるほど。小堀代表はヘルパーのご経験もあり、福祉の仕事をされて20年以上経つとうかがっています。
 
小堀 ええ。業界のことを知っているだけに、多くの関係者との間で板ばさみになることもあります。皆さん、専門知識を持つプロで、それぞれお考えがありますからね。私自身も、利用者さんの状況によってケアプランの変更を余儀なくされることもあります。まさに忍耐と調整能力が問われる仕事ですが、だからこそやりがいがあるんですよ。
 
畑山 難しい部分もしっかりと受け止めて仕事をしてらっしゃるのは素晴らしいですね!
 
glay-s1top.jpg
 
小堀 ありがとうございます。介護認定を受けるにはどうすれば良いか、知らずに悩んでいる方々は少なくありません。それを解消するためにも医療と介護の連携が必要で、私がその一助になれたらと思っています。
 
畑山 福祉業界はこれからますます重要になってくる業界ですし、小堀代表のような前向きな方は貴重な存在だと思います。非常に大変なお仕事ですが、頑張って多くの方を支えていってほしいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
日本語の講師などボランティア活動をしたり、趣味のトレッキングをしたりしているんです。そうやって、忙しい中でも仕事以外の部分で息抜きすることが大切だと思います。
(小堀直子)
 

:: 企業情報 ::

合同会社マイライフ/ケアプランセンター プラスケア

〒538-0043 大阪府大阪市鶴見区今津南1-4-24

ホームページ
https://www.my-life2016.co.jp/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事