B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

左官一筋30年以上!
技術を後進に伝えたい

 

匠の技術を次世代につなげる

 
glay-s1top.jpg
狩野 先ほどのお話から、イワミ屋さんは後進の育成にも力を入れておられることがわかりました。
 
田中 実は、長年一緒に働いてきたスタッフが、左官の伝統芸術方面に興味を見出し巣立っていきました。そういった理由から現在はスタッフを大募集中ですので、年齢性別関係なく気軽にお問い合わせいただきたいですね。
 
狩野 そうでしたか。イワミ屋さんでは、幅広い現場仕事を通して、確かな左官技術が体得できる。だからこそ、退社したスタッフさんは、ご自分に適した左官業務をピンポイントで見つけられたのでしょう。それに、左官の道はぶれずに自分の道を究めようとしているわけですから、田中さんも嬉しいのでは?
 
田中 おっしゃる通りです。そのスタッフはこだわりの強い性格でしたから、伝統芸術という方向性もぴったりだと思っています。
 
狩野 これから仲間になる方に向けて、イワミ屋さんで働く魅力を伝えるとすれば、どのような点でしょうか。
 
田中 のびのびと仕事ができる風通しの良い環境を整えていますし、マンツーマンで仕事を教えるので、きっと上達も早いと思いますよ。通常、職人の世界というと資材運びなどの雑用からスタートし、何も教えてくれない先輩の背中を見て仕事を覚えるといったイメージがあるかもしれません。でも、イワミ屋にはそんな風土はありませんし、新人であってもすぐに技術指導から始めます。その甲斐あってか、今まで指導したスタッフは皆、私が嫉妬するくらいの早いペースで仕事を覚えましたよ(笑)。
 
狩野 技術伝承のスムーズさは、中小企業ならではのメリットかもしれないですね。しかも、建築業界の人材教育では軽視されがちだった合理的なコミュニケーションを実践されている。お見事です。
 
glay-s1top.jpg
田中 ありがとうございます。私は、左官業も時代のニーズに合わせて柔軟に進化を続けるべきだと考えています。そうやって左官の技術を、次世代にしっかり継承していきたいですね。
 
狩野 冒頭で左官の専門業者の数が減っているとの話が出ました。機械では補えない手作業による職人技だからこそ、繊細さが活きてくる尊い仕事だと思いますし、田中さんのような方に次世代に匠の技術を継承しながら左官業を守り抜いていただきたいですね。
 
田中 私の使命は、父や母、祖母、親方やお世話になった職人さんなど、仕事に限らず私を取り巻いてきた人たちの思いをつなげていくことだと思っています。手探りではあるものの、今まで通りにいただいた仕事を確実にこなし、何かの形で人様の役に立つことこそ、“つなげていく”ことなのかもしれません。ですので、今後もコンディションを整え、生涯現役で進んでいきます。そのうえで、左官の技術や事業を継承していけたら最高ですね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
壁などがきれいに仕上がった瞬間の達成感が大きなやりがいになっていて、仕事の楽しみであり喜びなんです。仕事が充実していたら趣味も充実してくるもの。実際、私は趣味のバイクも楽しめています!
(田中孝広)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 イワミ屋
■ 所在地 〒675-0036 兵庫県加古川市加古川町西河原167-9
■ 事業内容 左官工事/住宅・工場等の土間コンクリートの仕上げ工事等
■ 設立 平成22年5月
■ 従業員数 1名
■ 主な取引先 株式会社池内工務店/株式会社浜工務店/有限会社モリモト (五十音順)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事