B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

きめ細かな問診と施術で
根本治療を目指す整骨院

 

親身にヒアリングし、適切な施術を行う

 
glay-s1top.jpg
狩野 宮原院長は、何かスポーツをされていたんですか?
 
宮原 バスケットボールを小学校から高校までやっていました。結構厳しく鍛えられましたよ。
 
狩野 ご自身がスポーツをやっていると、スポーツによる怪我の具合や背景がよくわかるでしょうね。特にアスリートは、早く治して復帰したいという人が多い。そういう気持ちを理解したうえでのメンタルケアも期待できそうです。
 
宮原 もちろんです。スタッフの中にはスポーツトレーナーもいますので、スポーツ外傷にもしっかりと対応できますよ。野球をやっている小学生も来院しています。
 
狩野 バスケットボールや野球などのスポーツをしている若者から、日常生活で腰が痛くて悩んでいるご高齢の方まで、幅広くサポートしているんですね。さまざまな方が来院する中で、コミュニケーションで心がけていることは何でしょう?
 
宮原 私が一番大切にしているのは、患者様の生活背景を知ることです。その方が、普段どんな暮らしをしているのかというところから、探っていきます。そうしないと根本的な改善策が見つけにくいと考えているからです。
 
狩野 なるほど。例えば、立ち仕事が多い人は、それが原因かもしれない。身体を曲げたままの作業が多い人は、それが問題かもしれない、といった具合に疾患の要因を分析していくということでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
宮原 そうですね。丁寧なヒアリングで皆さんの生活背景を把握してから施術方法をご提案しています。また、ご自宅でも可能なケアやトレーニングの仕方などもお伝えするようにしていますね。
 
狩野 鍼や手技をしたからおしまいということではなくて、日々の生活で改善や予防に役立つアドバイスをしてくれるわけですね。根本的な原因を突き止め、それを改善することで健康になれる。宮原院長は話しやすい雰囲気ですから、来院する方々も自分の悩みを伝えやすいと思いますよ。
 
宮原 ありがとうございます。同じところがまた痛むということがないように、施術方針や目標を患者様と共有することも大切にしています。
 
狩野 宮原院長のお人柄だけでなく、こちらの院内はリラックスしやすい雰囲気ですよね。あらためて見回すと、白が基調の優しい空間だなあと思います。キッズスペースがあるから、お子さんや女性の方も気軽に来院できますよね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事