B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客第一を行動原理に
住宅工事で幅広く貢献

 

現場以外でも役に立ててこそ職人

 
glay-s1top.jpg
畑山 もう一つ驚いたのが、事業領域の広さです。なぜこんなにいろんな工事ができるようになったのですか?
 
小林 理由の一つが、創業当初からある「人の行かないところにこそ行け」という経営方針でしょうね。実は、会社を立ち上げたときは塗装業一本だったんです。しかしある日、知り合いの方から太陽光発電の組み立て工事をできないかと打診されて、そこから事業の多角化が始まりました。エクステリア工事を始めたのも、リフォームのご用件でうかがったお宅でいただいた、イレギュラーのご依頼がきっかけだったんです。頼りにされるとお応えしたくなる。その積み重ねが、事業領域の広さにつながったんです。
 
畑山 要望にひとつでも応えたいという小林代表の姿勢は、すごく前向きですし頼りになりますね! その人柄を見込んで依頼されるお客さんも多いと思いますよ。
 
小林 業界では異端かもしれませんけどね(笑)。太陽光工事の際も、「塗装以外に手を出してどうするんだ」と、周囲からはずいぶん反対されたものです。
 
畑山 そこは職人のプライドといいますか、「餅は餅屋」のような考えがあるのでしょうかね。
 
小林 そうかもしれませんし、そのプライドは決して悪いものとは思いません。でも、私はどうしても職人よりもお客様の立場になって考えてしまうんです。もしも朝、ゴミ袋を持ったお客様とお会いしたら、「私も手伝いましょうか?」とお声をかけますよ。というのも、現場以外でもお客様から必要とされて助けになってこその職人だと思うからです。
 
畑山 素晴らしい心構えですね。ボタン一つで家が建っちゃうような未来が来たとしても、小林代表に家を工事してもらいたいと考える人は多いでしょうね。今のお話を聞いて、私はそう確信しましたよ。
 
小林 畑山さんにそう言っていただけると、とても嬉しいです。私は、住宅工事は人がするものなので、お客様と一緒につくっていくところに面白味を感じているんですよ。ですから、いくら最新の材料や工具を使って施工をしても、お客様が満足してくださらなければ駄目なんです。
 
畑山 お客さんに対して、施工だけでないプラスアルファができないかという気持ちや行動を大事にされているんですね。
 
glay-s1top.jpg
小林 ええ、例えば「ここに小さな棚でもあればな」というお客様の呟きを拾って、「余った材料でつくりましょうか」とパパッと仕上げてみせる。そこに職人のカッコよさがあると思います。
 
畑山 冷蔵庫の余った材料でおいしいご飯をつくるコックさんみたいですね(笑)。でもそこにカッコよさを感じるというのは、かなり共感できますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事