B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

地域に愛されて半世紀 窓ガラスの悩みを解決!
株式会社鈴木硝子店 代表取締役 鈴木康司

 
プロフィール 兵庫県西宮市出身。幼い頃から家業を熱心に営む父親の姿に憧れ、事業を継承。現在、(株)鈴木硝子店の2代目として会社を順調に経営している。先代の頃から大事にしている地域密着型のきめ細かいサービスはそのままに、さらに現代に必要な新しい技術や材料を取り入れた施工実績に定評がある。プライベートでは4人の子どもを持つ父親であり、趣味のゴルフやゲーム、アニメなどを楽しんでいる。【ホームページ
 
 
 
普段そこにあるのが当たり前で、急に割れるなどすると大慌てするのが窓ガラス。そんなとき、駆けつけて修理をしてくれる業者の存在はありがたい。暮らしを快適にする機能を備えた窓ガラスを提案してくれるのも、専門店のよさだ。多数の実績を持つ株式会社鈴木硝子店は、地元の兵庫県西宮市を中心に、阪神間の住宅や店舗などの窓ガラス工事を請け負っている。会社の特色や仕事に対する考え方について、鈴木康司代表取締役に聞いた。
 
 
 
地域を支えてきた窓ガラスの専門店
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 本日は、兵庫県西宮市にある株式会社鈴木硝子店さんにお邪魔しています。まずは、会社の歴史から教えてください。
 
鈴木 鈴木硝子店は先代である私の父が1962年に立ち上げ、1973年に法人化しました。創業以来、窓ガラスやサッシの販売、工事を手がけています。現在は私を含めてスタッフ4名体制で、妻も手伝ってくれています。
 
八木 半世紀を超えて続く老舗なのですね。お仕事を受けるエリアは、どのあたりでしょうか?
 
鈴木 弊社のキャッチフレーズは「西宮の窓屋さん」です。地域密着型として、西宮市をはじめ伊丹市や芦屋市、尼崎市、宝塚市など阪神間を中心に事業を展開しています。住宅や店舗のガラス窓の取り付けや修理のほか、網戸の工事なども行っていますよ。
 
八木 近年は大型の台風が増え、窓ガラスの強風対策もメディアでよく取り上げられていますよね。やはり、忙しいですか?
 
鈴木 寝る時間もないくらいですね(笑)。でも、地域の皆様の安心・安全な暮らしに役立てる仕事を続けられるのは嬉しいことです!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事