B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

豆の力で心身を健やかに 栄養学&豆料理レッスン
美音豆BEANS 代表 中山恵里子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 美音豆BEANS(ビーンズ)さんは、お名前からわかるように“豆”がキーワードなんですね。大豆をはじめ、種類豊富な豆を使った料理や栄養学のレッスンも受けられるとうかがっています。中山代表のご経験が存分に活かされているとのことで、そもそもどうして豆に注目されたのか、中山代表の歩みが知りたいです。
 
中山 私は大学卒業後に栄養士の資格を取り、産後の母子栄養指導や、病院の栄養管理室での仕事などに携わってきました。食品添加物メーカーの品質管理課で、添加物のチェック業務を担当していたこともあります。実は私、昔は豆やコーヒーなど、自分にとって全然必要がないものだと思っていたんです。
 
タージン ええ!? 今とずいぶん違いますね。どうして考えが変わられたんでしょう?
 
中山 きっかけは、40歳の手前で子宮の病気になったことでした。お医者様には全摘出する以外に道はないと言われたものの、栄養学で「臓器にいらないものなど一つもない」と学んだので、手術には同意せず、ホルモンバランスだけを調べてもらったんです。そうしたら、ひどい結果で、これでは体を壊すのも無理はないと痛感しました。崩れたホルモンバランスを調整するための方法を探したところ、私の行き着いた答えが豆だったのです。
 
glay-s1top.jpg
タージン なるほど。ということは、今のお元気な姿から察するに、そのご判断は吉と出たんですね?
 
中山 はい。それまで、栄養士でありながら、自分の体のむくみや血流が悪いことには目をつむっていましたが、食生活を豆中心に変えて以降は体調が徐々に上向きに。病気も手術することなく乗り越えられました。さらに、食生活を改め、20㎏も痩せたんですよ。
 
タージン それはすごい! そうした体験が、現在の活動の出発点にもなっているんですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事