B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

建設業界の魅力を伝え
職人を憧れの存在に

 

スタッフや協力先を“仲間”と表現

 
glay-s1top.jpg
内山 業界に入ったきっかけなど、金城社長のこれまでの歩みを教えてください。
 
金城 業界に入ったのは高校を卒業してすぐでした。知人に紹介してもらった会社が内装業者だったんです。仕事を覚え、周囲の方からだんだんと必要とされていくことが楽しく感じるようになり、業界入りして5年で独立しました。
 
内山 ずいぶん早くに決断なさったんですね。独立願望はもともとあったのでしょうか?
 
金城 親方になりたいとは思っていたものの、今のように社長になって会社を経営することは考えてもいませんでしたね。でも、自分でやってみたいという気持ちを我慢できなくて独立しました。
 
内山 金城社長がいかに内装業、ひいては建設業がお好きなのか、すごく伝わってきます。独立されてからも、モチベーションは高いまま続けてこられたのでしょうね。
 
金城 がむしゃらに突っ走りましたね。朝から晩まで働いて、休みたいと思うこともありませんでした。その理由もやはり、周囲の方から必要とされることが嬉しかったからですね。お金ではなく、誰かの期待に応えることが楽しくて仕方なかったんです。
 
内山 素晴らしい! とはいえ、経営者になると職人時代とはまた違った物の考え方も生まれると思いますし、苦労もなさったのでは?
 
glay-s1top.jpg
金城 そこに関しては大変でしたね。経営者としての未熟さもあり、会社が苦しい時期もありました。何とか乗り越えられたのは、スタッフや協力先の職人さんといった仲間の支えがあったからこそ。そこで現在は、私一人が突っ走るのではなく、仲間が働きやすく、頑張りたいと思える環境づくりにも尽力しています。
 
内山 スタッフや協力先の職人さんを、“仲間”と表現されたところが印象的です。よほど固い絆で結ばれているんですね。
 
金城 その絆を実感できたのは、やはり、会社として苦しい時期を経験したからだと思います。それまでは、スタッフも職人さんも身近な存在過ぎて、特別なものと考えられなかったんです。今では心から感謝していますよ。
 
内山 お話をうかがうと、付き合いの長い方も多そうですね。
 
金城 ええ、弊社には私の高校の先輩や同級生、後輩もいます。10年以上一緒にやっている仲間だけでも、20人くらいいるんですよ。彼らがいなければ、今こうして内山さんとお話しすることもなかったと思います(笑)。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事