B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

多種多様な店舗運営で
社会貢献を実現する!

 

雇用を通じて社会を支える企業になる

 
たい焼き甘味処おめでたいの店舗外観
たい焼き甘味処おめでたいの店舗外観
たい焼き調理中の様子。ムラなく均一に焼きあがるという
たい焼きは安心の国産材料。季節毎に餡子を変えているのだそう
濱中 それにしても、この「おめでたい」は本当に居心地の良いお店ですね。内装には和のテイストがちりばめられていて、なんだかホッとしますし、キッズスペースがあるので親子連れの方も利用しやすそうです。たい焼きだけでなくほかのメニューも充実している点も魅力ですね。
 
野寄 ありがとうございます。当店は2020年の4月にオープンしたばかりなんです。甘いものが好きな方をターゲットにしたのはもちろん、外国人の方がよく泊まるホテルが近くにあるので、その方たちに日本文化を紹介する場所にもなればと思いました。
 
濱中 なるほど! 多様性に配慮した、店のつくりやメニュー展開なんだなぁ。
 
野寄 そのため当店では、たい焼きなどを召し上がっていただけるほかにも、甲冑を着て写真を撮る体験遊びなども紹介しています。せっかく旅行に来たのだから、外国人の方にいろんな日本文化を楽しんでもらえたら嬉しいからですね。ただ、オープンした時期がちょうど新型コロナウイルスの流行と重なってしまいまして・・・。
 
濱中 それは非常に残念でしたね・・・。海外からのお客さんにも来てもらえるように、早く収束してくれることを祈るばかりです。
 
野寄 おっしゃるとおりですね。ですので、集客はもちろんのこと、このタイミングを活かして、どうしても雇用の壁があるハンデキャップを持っている方や外国人の方などを積極的にスタッフとして採用することにしたんです。いろいろな能力、属性や文化、できることできないことがはっきりしている中、チームとしてお互い尊重し補い合いながら、それぞれのできるところにフォーカスを当てて、お店も仲間も一緒に成長する場にしました。働きながら、世の中に価値を提供して喜んでもらえることで自信もついて、自立の支援になればと思います。また、お子様が小さい内からさまざまな大人と触れ合うことで、姿が違う人種が違う言語が違うのが普通だと、人と比べて偏見や差別するような概念がなくなるんじゃないかと思ったんですよ。
 
濱中 それは素晴らしい取り組みだと思います! ちなみに、たい焼きづくりの技術は簡単に覚えられるものなんですか?
 
glay-s1top.jpg
野寄 従来のガスで焼くスタイルですと火加減が難しく、職人的な感覚で焼き方を覚えなければいけません。でも、当店では温度と時間を設定するだけできちんと焼き上がる電気のシステムを導入していますので、慣れていなくても均一に焼き上げることができるんですよ。たい焼きだけに限らず、職人や調理師でなくとも全員が同じクオリティのお料理をお出しできるように、メニューや工程を考えマニュアル化しました。
 
濱中 それなら未経験の方でも、短期間で戦力になれそうですね。
 
野寄 はい。現在は10人ほどのスタッフがローテーションで業務を行っています。チームを組むことで、それぞれが苦手とする分野をフォローできますからね。料理はマニュアルどおりに実践すればよいので、もう一つの大事な品質の気配りや気遣いはそれぞれが経験していく中で気付いて、そして互いに信頼を築いていってもらいます。これも今後自立していくうえで大事な職業観であり、人生観だと思います。
 
濱中 顧客へのサービスや雇用制度など、さまざまな面で「社会の役に立つ」という目的を形にされていると感じます!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事