B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

一期一会の精神を忘れず エンジニアリングに挑戦
エムアンドケーアシストエンジニア株式会社 代表取締役社長 草野功士

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 エムアンドケーアシストエンジニア株式会社さんは、クレーンの交換・改造・整備を中心に、製缶・機械加工も手がける総合エンジニアリング企業とお聞きしています。草野社長はどのようなご経歴をお持ちの方なのでしょう。
 
草野 私は、もともと物流会社に勤務し、技術部 設備技術課でクレーンの解体・輸送・据え付け・メンテナンスなどに携わってきました。「いつかは」と考えていた独立を果たし、弊社を創業したのは2008年のことです。
 
濱中 クレーンのメンテナンスとは、どのようなお仕事なのですか?
 
草野 例えば、工場のクレーンが古くなって交換するとなると、数千万円はかかります。そのような場合でも、不具合のある部品を交換したり改造したりして、新品同様に使えるようにすることが私たちの仕事なんですよ。
 
濱中 とてつもなく高い技術力が求められるお仕事ですね。やりがいも大きいことと思います。
 
草野 そうですね。クレーンは種類や年式が同じでも、1台ごとにまったく異なる癖を持っています。その癖を見抜き、一期一会の精神で整備することが私たちの役目です。まったく同じ仕事は二つとないので、「時間が来たら終わり」のルーティンワークではできませんし、それだけに全力投球でやり遂げると大きなやりがいを得られますね。
 
濱中 なるほど。常に探求心を持つことが大事なお仕事なんですね。
 
草野 おっしゃる通りです。私たちは高い技術力を持つ協力会社とのつながりを生かしながら、難しすぎて他社があきらめた仕事にも積極的に挑戦してきました。この姿勢を貫いているからこそ、お客様から信頼をいただけているのだと思います。
 
glay-s1top.jpg
濱中 今後については、どのような抱負をお持ちですか?
 
草野 弊社の課題は若い人材の育成です。エンジニアリングの仕事は一人前になるまで10年はかかるものの、そのぶん素晴らしい達成感を得ることができます。機械に興味があり、やる気のある若い人にはぜひ飛び込んでいただきたいですね!
 
濱中 野球のバッティングも草野社長のお仕事も、正解がないからこそ、とことん突き詰めるために立ち向かう点は共通していますね。今日は草野社長のお話をうかがって、機械を扱うのが大好きだというお気持ちと、絶対にあきらめない心を感じることができました。これからも、その情熱でチャレンジを続けてください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
正直なところ、楽しいだけでは仕事はできません。でも、だからこそ、常に笑っていることで仕事を楽しくするのが大切なんです。
(草野功士)
 

:: 企業情報 ::

エムアンドケーアシストエンジニア株式会社

(本社)
〒592-0011 大阪府高石市加茂1-19-18-201

(大阪工場)
〒551-0013 大阪府大阪市大正区小林西2-14-17

ホームページ
http://www.mk-ae.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事