B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

発明魂が生んだタオル あしゆびさ~らに注目!
アイデア工房 ドットアンドビット 代表 松本健

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪市を拠点に、生活・工業用品の企画・販売・試作品製作およびコンサルティングを手がけるアイデア工房ドットアンドビットの松本代表。さまざまな商品を発明してきた中で、今、一番の注目は「あしゆびさ~ら」という商品だと聞いています。どのようなアイテムなのか詳しく教えていただけますか。
 
松本 はい。足の指と指の間や指の裏側は、とても洗いにくい場所ですよね。そこで試していただきたいのがこの足指専用洗浄タオル、あしゆびさ~らです。指と指の間に入れて動かすだけで、通常の洗浄では取りきれない汚れをきれいに落としてくれるんですよ。また、生地の中には芯が入っているので心地よいマッサージ効果も得られます。
 
狩野 細かく分かれたタオルの先端が、足の指の間を一気に清潔にしてくれるわけですか。しかも、持ち手があるので無理な体勢を取ることなく、立ったままでも座っていても足の指を洗うことができる。これは便利ですよ。
 
松本 狩野さんがおっしゃるとおり、あしゆびさ~らはお年寄り、体が硬い方、妊婦さんなど、体を曲げるのが難しい方に特にお勧めしています。素材は地元大阪の、綿100%の泉州タオルを使用しているんですよ。「健康は足元から」を実践するためにも、ぜひ、あしゆびさ~らで毎日を清潔に過ごしていただきたいですね。
 
glay-s1top.jpg
狩野 足指専用のタオルというのは、着眼点がおもしろいなと思いました。それにしても、松本代表はどのようなきっかけで発明の道に進むことになったのでしょうか。
 
松本 実はITバブルの頃、株などの投資を行っていたところ、多額の損失を出してしまいまして。そのときに、形が見えないものより目に見えるものをつくる、モノづくりの魅力に気付いたんです。そして、一般社団法人発明学会を創設した方の本に「アイデア一つでお金持ちになれる」と書いてあるのを読み、さっそく入会してみたんですよ(笑)。発明第一号は、当時のブラウン管テレビ用ジャバラ式カバーでした。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事