B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

半世紀以上のノウハウで
省力化機械を設計・製作

 

自分にしかできない創意工夫で喜びを発見

 
glay-s1top.jpg
鶴久 今年、社長に就任なさって、まさにこれから大海原へ漕ぎ出そうという石井社長。ぜひ、今後の目標をお願います。
 
石井 おかげさまで現在は、大手企業様からも信頼していただける技術力やどんなニーズにも対応できる力はついていると自負しています。ただその反面、弱いと感じているのは営業力なんです。祖父や父の時代は、技術があれば仕事は向こうからやってくるという考えでした。でも、今は違います。もっと広く知ってもらうためには、販売力や営業力が必要です。
 
鶴久 確かに、昔のように紙の広告だけでなく、インターネットなどさまざまな媒体がある現代では、営業の方法も多様化していますね。
 
石井 そうですね。今までと同じことをしていては駄目なので、Web販促にも積極的に取り組んでいくつもりです。差し当たっては、パンフレットを刷新し、ホームページもリニューアルしました。それから、フェイスブックでも広告を打ち出しているんですよ。弊社と同程度の規模の会社では、よく社長が営業も兼ねていて人脈を駆使して仕事を取ってくるところが多いんです。しかし、弊社には営業担当が5人もいるんですよ。ここでも人の力を発揮して、これからは、人とメディアの力をフル活用しながら、事業を広めていきたいですね。
 
鶴久 昔から磨いてきた技術や人の力を大切にしつつも、新しいことにも積極的にチャレンジする姿勢は素晴らしい。今後が非常に楽しみです。それにしても、お話を聞いていると、石井社長は本当にイキイキとされていますね。仕事をするうえでのポリシーは何でしょう?
 
glay-s1top.jpg
石井 私は祖父や父、叔父たちには、技術力では決してかないません。でも、自分にしかできないことはたくさんあるはずだと考えています。会社の行動指針の中に「創意工夫によって自己の個性を職域に表現する」という言葉があり、私は自分にしかできないことを見つけて、創意工夫する喜びを発見していきたいと思っています。
 
鶴久 歴史がある会社は、トップに立つ人によって変わっていくおもしろさがありますよね。それぞれの時代にそれぞれの良さがあり、石井社長は今、それらを融合しバランスを取りながらより良くしようとしていらっしゃる。ぜひ、石井社長ならではの色を加えて、さらに会社を成長させていってくださいね。私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私は「創意工夫によって自己の個性を職域に表現する」を行動指針の一つとしています。自分にしかできないことを見つけ、そして、創意工夫する喜びを発見していく。それが仕事の楽しみにつながってます。
(石井安美)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社石井工機
■ 本社 〒375-0054 群馬県藤岡市上大塚282-4
■ 事業内容 産業用機械の設計・製作/供給搬送装置製作/各種金属精密部品加工/既存生産設備の改造/メンテナンスサービス
■ 設立 昭和54年3月
■ 従業員数 29名
■ 主な取引先 自動車・半導体・電子部品関連の大手製造メーカー
■ ホームページ https://www.ishii-kouki.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事