B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

土木・外構・解体工事の
熟練技術で災害復旧も

 

地域に密着しつつ、全国の災害復旧にも対応

 
glay-s1top.jpg
狩野 身内のよしみを頼りとせずに、自ら城を築く。松山代表の我が道を貫く姿勢に、好印象を抱きましたよ。
 
松山 ありがとうございます。現在、スタッフは3名で、人手が足りない部分は外注で補っています。
 
狩野 少人数精鋭の布陣でスタートされたわけですね。対応されているエリアも教えてください。
 
松山 和泉市、岸和田市を中心に、近畿一円からのご依頼に対応しており、両市のだんじり祭の関係者の方からお仕事をいただいたこともあります。一方で、災害復旧の工事にも注力していまして。2019年ですと、台風19号の被災地である、長野県や福島県にも出向きました。
 
狩野 素晴らしい! 地域に密着しながらも、全国各地に出向けるフットワークの軽さも有することが、強みであるとお見受けしました。3本柱の事業内容についても詳しくお願いします。
 
松山 土木工事では、アスファルトを使用して道をつくる舗装工事や配管工事、歩道切り下げ工事などを請け負っています。それから、地盤が崩れないよう慎重に進めていく掘削工事は、マンションなどの大型建築ほど深い掘削が必要で、高い技術力が求められるんですよ。私たちは、あらゆるご依頼に対して精度の高い施工をご提供し、お客様の安心、安全をお守りできるよう誠心誠意尽くしています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 私たちが日々使っている道路や建築物の基礎工事など、すべての土台となる、まさに縁の下の力持ち的なお仕事ですよね。外構・解体工事についても教えてください。
 
松山 外構工事は、フェンスの設置や駐車場の増設、または庭を駐車場につくり変えるなど、建物の外側の工事のことです。人目につく外観部分だからこそ、適切な工事が必要になります。塀や門、庭、玄関回りなど、施主様のご要望に沿いながら美しい環境を保つための工事を行っていますよ。解体は、建物などを解体していく工事です。解体する素材によって方法が異なるため、事前に調査して現場に合わせた解体プランで進めます。また、近隣の方々にご迷惑をおかけしないよう、騒音や振動などを可能な限り抑え込みながら丁寧に施工しているんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事