B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

好きな仕事を生きがいに 
スポーツトレーナー育成

 

費用も時間も半分でダブルライセンス取得

 
glay-s1top.jpg
八木 御校では柔道整復師と鍼灸師それぞれの学科で学ぶだけでなく、その両方の資格を取得するためのダブルライセンス制度というものもあるとお聞きしました。
 
小林 そうなんです。まず前提として、柔道整復師と鍼灸師はできることが違います。例えばサッカーやラグビーなど、選手同士の接触やぶつかり合うことが多い激しいスポーツにありがちなケガや痛みに対応する場合は、柔道整復師の技術。一方、水泳や陸上などにありがちな、筋肉の張りや慢性的な疾患に対応するのは、鍼灸師の技術が有効です。しかしながら、実際にはいろいろな患者さんがいらっしゃいますので、どちらかだけに特化するよりも両方の知識と技術を持っているほうが、はるかに多くのケースに対応できます。そこで、両方の資格が取得できる制度を設けたというわけです。
 
八木 ケガと同時に筋肉もこわばっているというケースもありますからね。確かに両方からアプローチしたほうが、より高い効果が期待できそうです。施術の幅も広がって、さまざまな患者さんのニーズにも応えられますね。
 
glay-s1top.jpg
小林 ええ。しかも、通常ですと両方の資格を取得するためには計6年かかります。しかし、当校では最短3年で取得できるので、費用も時間も大幅に短縮できるんですよ。これは当校独自の大きな強みだと思います。
 
八木 別々に資格を取得するよりも、わずか半分の期間で両方取得できるとは驚きです! 先ほどお聞きしたセミナーと併せて、生徒たちは非常に恵まれた環境で、知識や技術を学べるわけですね。卒業後の進路はどのような選択肢があるんでしょうか。
 
小林 一般的には整骨院を開業したり、スポーツトレーナーとしてスポーツ選手の指導やケアを行ったりといった選択肢がありますね。さらに、病院や地域の保健センターなどでリハビリを行ったり、フィットネスクラブでトレーニングを担当したりするなど、活躍の場は多岐に渡ります。