B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

リユース品を輸出して
海外で社会貢献に尽力

 

Give & Takeの精神で社会に貢献

 
glay-s1top.jpg
八木 これまでのお話から、木下社長の社会貢献に対する思いがよくわかりました。ただ、リユース事業がこのような社会貢献につながっていると知っている人は、世間でもまだ少ないのではないですか?
 
木下 確かにそうかもしれません。この事業を始めるにあたっても、参考となるモデルケースを見つけることができませんでした。しかし、事業を進めていけば、必ず世の中にも浸透していくと思います。それに、たとえ前例がなくても、私は失敗を恐れずにチャレンジすることを常に考えています。
 
八木 阪神タイガースの矢野燿大監督のようなスタンスですね。矢野監督も、ミスを恐れないチャレンジを促しています。その理由として、厳しく叱ってもミスを防ぐことにつながるわけではないという科学的な根拠があるからだそうなんですよ。それを聞いて私は、「野球界も年々進化しているんだな」と感じました。木下社長も同じく、チャレンジすることで事業を社会貢献に発展させています。その原動力はどこにあるのか、気になりますね。
 
glay-s1top.jpg
木下 人に喜んでいただく仕事をする。当たり前のことではあるものの、それが人にも社会にも役立つような気がしますし、微力ながら社会貢献できている実感があります。それが原動力ですね。
 
八木 本当に素晴らしいお考えだと思いますよ。G&Tさんは、不用品をすべて自社に持ち帰って仕分けをしたり、カンボジアからの手紙をお客さんに届けたりと、一つひとつの仕事がとても丁寧だと感じます。私も見習わないといけませんね(笑)。それでは、今後の展望をお聞かせください。
 
木下 新たな事業として、2020年の春から不動産投資事業を始める予定です。最近は、空き家問題への関心も高まっています。その空き家を買い取り、リノベーションして再生します。家の躯体がしっかりしていれば、内装を取り替えるだけでキレイになりますし、解体するよりもゴミが出ません。そのように再生した家を地域の活性化につなげたいと考えています。
 
八木 新しい事業も地域や社会への貢献を考えての取り組みなんですね。木下社長は宅地建物取引士の資格もお持ちですから、それも強みになると思います。今後の活動によって、きっとまた多くの人々の喜びが生まれるでしょうね。ぜひ、頑張ってください。私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
何事も失敗を恐れずチャレンジすることですね。たとえ未経験でも、チャレンジして失敗しても私は良いと思います。なぜなら、その結果として得られる達成感はなにものにも代えられませんから。
(木下賢治)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社G&T/エコアクティ
■ 本社 〒554-0052 大阪府大阪市此花区常吉2-5-51
■ 事業内容 海外輸出/不用品の買い取り・リユース品の販売/建物清掃業務
■ 設立 平成24年6月
■ ホームページ http://gat2017.co.jp