B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

職人が100%の技術を 発揮できる足場を組む
株式会社AILEAPS 代表取締役 廣田昴

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宮地真緒(女優)
宮地 足場工事業を行う株式会社AILEAPS(アイリープス)さん。廣田社長は総合格闘技の現役選手でもあるそうですね。
 
廣田 ええ。若い頃から体を動かすことが好きで、20歳で足場業界に入ったのもトレーニングのつもりだったんです(笑)。でも、格闘技と同じくらい仕事が楽しくて。23歳で個人事業として起業し、2019年に株式会社として法人化しました。
 
宮地 足場工事と格闘技に、何か共通した魅力があったのでしょうか。
 
廣田 どちらも努力することで成果がついてきますからね。必死に練習を重ねて少しずつ強くなる格闘技のように、何もないところから少しずつ組んで、やがて大きな足場を完成させることがこの仕事の魅力です。自分の手で組み上げた足場から眺める景色は最高ですよ。
 
宮地 すごい達成感を得られそうですね! 足場工事で心がけていることがあれば、ぜひ教えてください。
 
廣田 職人が100%の技術を発揮できる足場を目指して作業しています。足場は左官や塗装など、さまざまな職人さんが利用します。その人たちが安全かつ仕事しやすいような足場が理想ですね。
 
宮地 使う人のことをよく考えて組み立てる必要があると。奥深い仕事なんですね。では、仕事の姿勢については、どんなことを大事にしていますか?
 
廣田 一番は安全意識です。高所作業も多いので、仕事前はいつもみんなで入念にミーティングを行い、発生しうるトラブルやその対処法を共有しています。その次に大事にしているのは、ポジティブな姿勢ですね。やはり、楽しく取り組む姿勢がいい仕事を生むんだと思います。そのためにも、プライベートと仕事をしっかり分けて考えることが大切です。私も社員が自分の時間をしっかりとれるように気をつけていますよ。
 
glay-s1top.jpg
宮地 廣田社長自らが社員に気を配ってくれるのはありがたいですね。上下関係が厳しい業界というイメージがあったので、ちょっと驚きです。
 
廣田 今後は、そういうネガティブな印象を払拭していこうと考えています。そのためにもまずは自社を、従業員たちと一緒に最高の環境へと整えていきたいです。
 
宮地 廣田社長のもと楽しくやりながら、会社全体の力が高まっていくんだろうなぁ。私もAILEAPSさんの今後が楽しみです。試合で怪我せず勝つための努力や、現場で事故を起こさないための努力・・・。常に危険と隣り合わせの環境で努力を怠らない廣田社長に、読者のみなさんも乞うご期待です!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
メリハリをつけて仕事に取り組むことです。仕事とプライベートをしっかり分けて、自分の時間でしっかりリフレッシュすることが大切ですよ。
(廣田昴)
 

:: 企業情報 ::

株式会社AILEAPS

〒451-0012 愛知県名古屋市西区稲生町1-71

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事