B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

土木・建築の特許出願で 三方良しの結果を出す!
カムクレイン特許事務所 所長 鶴来裕

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 東京都品川区のカムクレイン特許事務所さん。鶴来所長は、とてもユニークなご経歴を経て事務所をオープンなさったとお聞きしています。
 
鶴来 もともと私は電力会社の社員で、技術士建設部門、第1種ダム水路主任技術者、​土木施工管理技士などの資格を持っているんですよ。在職中は発電所やダム・水路の計画・設計・施工管理・保守・点検などさまざまな業務に従事しました。電力関係で政府の検討委員会の委員も務めたこともあります。その後、30代後半の頃に弁理士という職業を知り、これはおもしろそうだと一念発起しまして。会社を辞めて勉強に専念し、無事に資格を取ることができました。今年2019年に、満を持して事務所を設立したんです。
 
吉井 土木技術者から弁理士とは、本当に驚くような転身ですね! 実は、私は特許や弁理士さんの仕事について、あまり詳しく知りません。この機会に、ぜひ教えていただけますか?
 
鶴来 近年は「知的財産」と呼ばれることも増えた特許は、その名のとおり企業や個人にとっての財産です。多岐にわたる弁理士の業務で中心となるのは、技術などを発明した企業・個人様からご依頼を受け、その内容を正確に書類にまとめ特許庁に出願すること。発明は出願し認められなければ権利も発生しません。世の中には、そのことを知らず損をしている方が大勢いらっしゃるんですよ。
 
吉井 特許を認めてもらうには、やはりプロのお力を借りたほうがいいのでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
鶴来 そうですね。ある技術を発明しても、それに近い技術がすでに存在すれば特許庁の審査で拒絶される場合がありますし、審査が通ったとしても、後で他社から「特許の無効だ」と訴えられることも考えられます。そうした事態を招かないようにするには、あらかじめ似た発明の有無を綿密に調査し、自分の発明の内容を“広く”“強く”書類にまとめて出願するテクニックが求められるんです。これは技術だけに限りません。デザインや商標など出願を必要とするあらゆる知的財産は、弁理士がバランスよく文書化することで特許・意匠・商標といった権利が取りやすくなります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事