B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ワンランク上の雰囲気を
伝統と革新による蕎麦店

 

髙島屋本店併設のホテルに3店舗目を展開

 
glay-s1top.jpg
タージン 親孝行の気持ちから蕎麦の道を進んできた大野代表の歩みがよくわかりました。社名と店舗名の由来も教えてもらえますか。
 
大野 「うまい蕎麦の麺は角の立ち具合が良いからのどごしも爽快」と言われていて、熟練した職人技がないとうまく切り下ろせません。その「角の立った」麺の形状から「スクエアエッジ」と命名しました。店舗名の「花粉」は蕎麦の打ち粉という意味があり、顧客ファーストを心がけ、地域ナンバーワンを目指し、蕎麦で社会に花を咲かせていきたいという思いから決めたんです。
 
タージン どちらも、大野代表の蕎麦に対する熱意と哲学を感じられる素敵なネーミングです! 今は何店舗くらい運営されているのでしょう。
 
大野 花粉と花粉Firstの2店舗を難波区内で運営しています。また、2020年1月には花粉Nextを浪速区にオープンする予定ですよ。
 
タージン 順調に店舗を増やしていますね。オープン予定の店舗についても、ぜひ詳しく教えてください!
 
大野 髙島屋本店の東別館がホテルになっており、そこのフードコートに出店してほしいと依頼を受けまして。フードコートなので、現在運営中の2店舗とは雰囲気などが異なるものになります。ただ、味はこだわり抜いた同品質ですので、気軽にお越しいただければ嬉しいです。
 
glay-s1top.jpg
タージン 知っていますよ、「シタディーンなんば大阪」ですね! 大阪の新たなランドマークになりそうだと噂に聞いています。そこからお声がかかるとは、花粉さんの名前と味の知名度が高いのだとわかりますよ。
 
大野 ありがとうございます。大阪と言えば、髙島屋さんの存在は欠かせません。そこに出店できるのは本当に嬉しいですね。蕎麦の世界で日本一を取るという目標に向かって、やっと少し進み出したと感じています。
 
タージン お蕎麦で日本一ですか。それは素晴らしい目標だ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事