B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

地域の悩みをケアする
町の身近なお医者さん

 

時代に合った新しい地域医療を目指す

 
glay-s1top.jpg
川上 佃医院さんは2020年に開院50周年を迎えられるそうですね。今後については、どのようにお考えでしょうか。
 
佃 佃医院では、患者さんとのコミュニケーションを充分とることを大切にしており、その方針は今後も変わることはありません。加えて、今年から美容外科が専門の妻と始めた美容医療の取り組みなどを通じて、あらゆる世代の方たちの生活をトータルにサポートしていきたいと考えています。
 
川上 病院で生活を医療面からトータルでサポートをしていただけるんですか。興味深い取り組みですね! 確かに、普段運動をしない方の場合、健康のために運動を始めるにしても何をどうしたらいいかわからないでしょうから、そういったときに、例えば病院の中でエクササイズができたり、健康について教えていただけたりすると地域の皆さんは安心できると思います。
 
佃 川上さんがおっしゃるように、佃医院が地域の方々の憩いの場になってくれると嬉しいですね。
 
川上 病院が憩いの場であれば、何か不安なことがあってもすぐに先生に相談できますよ。話を聞いてもらうだけで気が楽になって、体調がよくなることもありますからね。そうすると、また同じ病院に通いたくなると思います。
 
glay-s1top.jpg
佃 まさに、そういった病院にしていきたいですね。今後も地域の方々のために新しい知識や技術を取り入れながら、信頼していただける身近な町のお医者さんであり続けたいと思います。病気の治療はもちろん、予防医療、脱毛や美白などの美容医療、その他にも困ったときは何でも相談していただけるような医院でありたい。もし、漠然とした身体の不調を抱えている患者さんがいらっしゃるとしたら、その方が最初に訪れる窓口として治療への道筋を示すことができたらいいですね。
 
川上 佃院長のお話を聞いていると、温かくて地元に帰ってきたような感じがします。身近にこういう親身な先生がいてくださったらいいなと思いますよ。今後も佃院長先生らしさを貫き、奥様と二人三脚でトータルのケアをしていただきたいと思います。私にとっても、この辺りは地元。これからも地域の方々の健康のために頑張ってください。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
患者さんが元気になることで成果が目に見える仕事なので、それが楽しみですね。「良くなったよ」と声をかけてくださる方もいて、励みになります。
(佃和彦)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 佃医院
■ 所在地 〒252-0302 神奈川県相模原市南区上鶴間5-4-12
■ 事業内容 内科/小児科/外科/形成外科
■ 設立 昭和45年4月
■ 従業員数 9名
■ ホームページ http://www.tsukuda-clinic.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事