B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

きゅんきゅんがいっぱい 新大阪の素敵な雑貨店
株式会社BOB 代表取締役 竹下真弘

 
プロフィール 大阪府出身。高校卒業後は就職して機械設計の仕事を手がける。その後、恩師から人生の目的を持って生きていく大切さを教わったことをきっかけに24歳で独立。イベント運営業務に携わる中、会場設営やスタッフ管理などでマネジメントの経験も積む。2018年(株)BOBを設立し、雑貨店「暮らしセレクト」をオープン。自身の経験を活かし、飲食店や小売店のコンサルティング事業も展開している。【ホームページ
 
 
 
株式会社BOB(ビー・オー・ビー)が運営する雑貨店、暮らしセレクトは「大人がきゅんきゅんする」をコンセプトに、多様な商品を取りそろえている。店長の高木由佳氏は、代表取締役である竹下真弘氏が絶対的な信頼を置く、頼れる存在だ。日々顧客の声に積極的に耳を傾け、自身のセンスと直感で“きゅんきゅんするアイテム”を仕入れているという。2回目のインタビューとなる今回は、竹下代表と高木店長に仕事にかける熱い思いを、あらためてうかがった。
 
 
 

真っ直ぐでブレない高木店長にすべて一任

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪市淀川区で飲食店や小売店へのコンサルティングと雑貨店「暮らしセレクト」の運営を行う株式会社BOBさん。B-plusには2回目のご登場ですね。今日は、竹下社長と暮らしセレクトの高木店長にお話をうかがいます。まずは店舗立ち上げまでの経緯を、あらためてお聞かせください。
 
竹下 私は高校を卒業後に機械設計の会社に就職し、24歳で独立しました。その後、イベントの企画や会場設営などを手がけながら、マネジメントの経験を積んだんです。そして、2018年に弊社を立ち上げ、雑貨店「暮らしセレクト」をオープンしました。
 
高木 私が竹下と出会ったのは化粧品メーカーに勤務していた時でした。雑貨店を開くとお聞きし、ぜひ関わらせてほしいとお願いしたところ、いきなり店長を任されたんです(笑)。内装からディスプレイまでほぼ一任していただきました。
 
八木 前回もうかがったように、高木店長に対する竹下社長の厚い信頼があってこそというお話でしたね。竹下社長から見た高木店長の魅力はどんなところですか?
 
竹下 真っ直ぐで決断力があり、芯がブレないところですね。コンセプトをきちんと理解し、商品の仕入れからブログやSNSなどのインターネットでの情報発信まで、オールマイティにこなしてくれるので本当に頼りになる存在です。