B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

安心のグループホームで
障がい者の自立を支援

 
 
glay-s1top.jpg
杉田 シエルさんのような事業を手がける会社はまだまだ少なく、障がい者が置かれている現状への理解も進んでいないのでしょうね。
 
倉谷 杉田さんのおっしゃるとおりです。医療や介護と障害者福祉は似たもののように思われがちです。しかし、同じ福祉でもそれぞれまったく違うカテゴリーで取り組み方も異なります。私たちが行う障がい者自立支援は、介護とは違って自分でできることは可能な限り自分でする。そして自分でできることを増やしていく取り組みなんです。
 
杉田 なるほど。しかし、そういった情報が正しく伝わっていない現状では、障がい者福祉施設の存在を知らない方もいそうですね。
 
倉谷 本当にそう思います。私自身も長く医療関係の仕事をしてきたにもかかわらず、障がい者の支援を知るまでに時間がかかりました。一般の方はもちろん、当事者のご家族であっても精神障がい者や知的障がい者の情報が不十分なことから、偏見を持たれてしまうなど、とても難しい現状です。ご家族やご本人は不安や心配が大きいとは思いますが、できるだけ若いときから、早い段階で地域社会の中で、グループホームなどで生活されることをお勧めします。
 
杉田 では、そのようなお仕事に携わって、今の倉谷代表は大きなやりがいを感じていらっしゃるでしょう!
 
glay-s1top.jpg
倉谷 もちろんです。利用者が当ホームで過ごすことによって明るくなり、ご本人やご家族から「入居して良かった」とおっしゃっていただけると喜びを感じますし、一生懸命生きている姿を見て、私も負けていられないと思います。
 
杉田 お仕事を楽しまれている様子が伝わってきますよ。ぜひ、今後の目標も教えてください。
 
倉谷 行政や医療機関、さまざまな支援事業者との連携をさらに深くしたいですね。多方面からの支援や連携が利用者の安定・安心を生み出し、その環境だからこそ利用者も支援者も自立に向けてチャレンジできると思います。短期的には仙台を基盤にグループホーム数を増やし、より重度の障がい者も受け入れられる体制を築きたいです。さらに長期的には障がい者支援事業全体を網羅した大きな支援体制を構築していきたいです。微力ながら弊社の事業で障がい者福祉に貢献し、社会をより良く変えることが私の目標です!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
今日という日は、良いことも、良くないことも二度と来ない貴重な1日です。働いていると、日々いろんなことが起こります。その貴重な1日を後ろ向きではなく前向きに捉え、課題をさまざまな方法で解決していくプロセスを楽しむことが大切です。
(倉谷茂)
 

:: 企業情報 ::

シエル合同会社/グランシエル

〒984-0035 宮城県仙台市若林区霞目2-14-2-202

ホームページ
https://ciel2017.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事