B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

寝たきりを予防するケア 医療保険適用の訪問鍼灸
カインド治療院 院長 田口聖也

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山  大阪市で訪問鍼灸を行うカインド治療院さん。訪問鍼灸はどのような方のご利用が多いんでしょうか?
 
田口 外出することが難しい高齢者の方や、リハビリを必要としている方が多いですね。そのような方々の介護を担当なさっているケアマネージャーさんからのご紹介がほとんどで、定期的に治療にうかがっています。
 
畑山 ということは、ケアマネージャーさんがおすすめしたくなる治療院なわけだ! 田口院長がお仕事のうえで心がけていることも教えてください。
 
田口 例えば電球の交換など、利用者様のちょっとした要望にもできる限り対応するようにしています。特に一人暮らしの高齢者のご家族からは、いわゆる見守り活動の一環としても喜んでいただけているので、私としても嬉しいですね。
 
畑山 利用者さんに寄り添った対応をしていらっしゃるのは素晴らしいですね! ところで訪問鍼灸は、医師の同意の下で医療保険が利用できるとお聞きしました。世間では医療保険が利用できるということを知らない方も多いでしょう。
 
田口 そうなんです。よく介護保険と混同されがちなものの、実はまったく違うものなんですよ。ですから、ぜひ積極的に利用していただきたいですね。私は、ケアマネージャーや医師、理学療法士などと連携しながら、みんなで利用者様を支えるという意識を大切にしています。
 
畑山 田口院長のような存在は、医師や介護事業者の方にとっても貴重でしょうし、利用者さんの生活も大きく変わってくると思いますよ。
 
glay-s1top.jpg
田口 ありがとうございます。当院のテーマは“寝たきり予防のための活動”なんです。寝たきりになってしまうと、生活の水準が低下し、メンタルにも大きな影響を及ぼしますからね。私は訪問鍼灸を通して、寝たきりの方を一人でも減らしたいと考えています。これまで頑張ってこられた分、人生の終盤を明るく過ごしてほしいですから。
 
畑山 その考えは素晴らしいなぁ! いわば健康寿命を延ばす活動ですね。
 
田口 ええ。今後もより利用者様の目線に立って、寝たきりにならずに毎日をイキイキと過ごしていただけるように頑張りたいですね。そして、ケアの選択肢の一つとして、もっと多くの方に訪問鍼灸を知っていただきたいと思います。
 
畑山 田口院長のような温かな思いと、行動力を兼ね備えた方がもっと増えると良いですね。寝たきりの方が一人でも少なくなるように頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
利用者様やご家族が喜んでくださるとやりがいになります。さらに、紹介してくださったケアマネージャーさんにも喜んでもらえる。そんな風に、仕事を通じて多くの方に喜んでいただくことが嬉しいですね。
(田口聖也)
 

:: 事業所情報 ::

カインド治療院

〒532-0032 大阪府大阪市淀川区三津屋北1-30-19 カーサ・エッフェ302

ホームページ
https://kindhariq.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事