B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ホワイトシェパードを
大事に育てて送り出す

 
 
glay-s1top.jpg
タージン 私も愛犬家なので、その方の気持ちもよくわかります。ペットというよりも、子どものような存在ですよね。
 
森本 まさにそのとおりですね。お客様には、家族の一員として迎えていただきたいと思っています。私にとっても、“家族”が産んでくれた、大事な子たち。「犬」とは呼ばずに「うちの子」と言っているくらい思い入れのあるワンコたちですから、新しい飼い主さんにお渡しする際は、毎回お嫁に出すような感覚ですよ(笑)。
 
タージン 飼い主さんに引き渡すまでは、しつけは森本代表がなさるんですか?
 
森本 基本的には、そうですね。あとは、ドッグランで遊ぶ中で、先輩犬が後輩にマナーを教えてくれています。そのためにも、仔犬の頃から少しずつ大きな犬に慣れさせるようにしていますよ。人間と同じように、犬たちにも社会がありますからね。集団行動の中で学ぶことのほうが、実は多いかもしれません。
 
タージン 確かに、我々人間では教えられないようなこともあるでしょう。非常におもしろいですね! 森本代表のお話をうかがっていると、本当にワンちゃんたちの気持ちを考えて、大事に育てている様子が伝わってきます。今後について、展望などがあればお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
森本 世の中には、利益を重視しているブリーダーも少なくありません。私は、本当にうちの子たちを幸せにしてくれるご家族とつながることを何より大切にし、地道にお客様を増やしていきたいと思っています。そうやって、末長くお付き合いを続けていければいいですね。
 
タージン 森本代表のそのお気持ちは、きっとワンちゃんたちにもしっかりと伝わっていると思いますよ。
 
森本 そうだと嬉しいですね。飼い主さんたちも、よく“里帰り”として、当店にワンコの顔を見せに来てくれるんですよ。そんなとき、私と再会して喜んでくれている子たちの表情を見るのは、何よりの喜び。今後も、元気な良い子たちを育て、素敵な飼い主さんと引き合わせていきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
うちで産まれた子が里帰りしてくれたとき、元気な姿を見るのが何よりの楽しみですね。
(森本裕子)
 

:: 事業所情報 ::

ホワイトシェパード専門犬舎 白尾のお家

〒635-0123 奈良県高市郡高取町市尾1003-4

ホームページ
http://www.hakubino-ouchi.com/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事