B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

日本初の賃貸リメイクで
自分らしい部屋づくりを

 

ヒアリングで将来のビジョンまで聞き取る

 
glay-s1top.jpg
名高 賃貸のお部屋のコーディネートは、とても珍しいのでは?
 
 はい、賃貸でもできるリノベーションは日本初の試みです。弊社は、このサービスを「リドレス」という名称で展開していまして。賃貸では退去時に原状回復をするため、間取りを変えるなど大幅なリフォームはできません。その分、可能な範囲内で、クロスを張り替えたり、壁に穴を空けることなく棚を取りつけたり、家具のコーディネートまで総合的に手がけています。弊社のサービスは、ただお部屋をきれいにするだけでなく、物件の良さやお客様の個性を活かしながら、自分らしく生きる入口になるようお部屋をコーディネートすることです。
 
名高 魅力的なコーディネートを提供するために、岸社長が最も大切にしているのは、どのようなことでしょうか。
 
 やはり、その人らしさを表現することです。おしゃれで暮らしやすいのは当たり前で、私の目的は、例えばお部屋に入った瞬間に「あなたらしい部屋だね」とご友人から言われるよう、お客様の個性をインテリアに反映させることなんですよ。「人にはそれぞれ生まれてきた意味があるのに、型にはまった人生でいいのだろうか」という疑問を私は常に抱えていました。ですから弊社のコーディネートは、お客様に何度もヒアリングを重ね、それまでの人生や現在の思い、そして将来のビジョンまでお聞きします。それからどのようなお部屋にするか考え抜き、時にはオリジナルの家具を製作することもあるんです。
 
名高 お部屋は日々の暮らしの中で一番長く過ごす場所です。そこを自分らしい空間にできれば、とても気持ちが良くなって、生きるエネルギーが湧いてくるでしょうね。自分の内面と向き合い、もっと自由に、のびのびとした生き方をするためにお部屋をコーディネートする。本当に素晴らしい事業だと思います。
 
glay-s1top.jpg
 名高さんに褒めていただけると嬉しいですね。お部屋は、ただおしゃれにするだけでなく、「もっと自分を変えたい」「自分の思いを実現したい」と考えてつくる必要があると思います。お部屋のイメージを変更するだけで、人生の悩みが解決し、自分らしく生きられるようになることもありますからね。
 
名高 日本人は、他人と違うことをするのを恐れてワンパターンに陥りがちです。そのような風潮を、お部屋づくりを通じて変えようという岸社長の思想には大きなビジネスチャンスを感じます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事