B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

思いやりと敬意を大切に
人を活かすキャリア支援

 

人への敬意を忘れず、しかし社内は敬語NG

 
glay-s1top.jpg
水野 長谷川社長自らも、現場での学びを大切にしているんですね。その姿勢も素敵だなぁ。今までのお仕事で、印象に残っている現場はありますか?
 
長谷川 福島県での震災復興事業ですね。現場の施工管理を行い、年配の職人さんたちや元請け、下請けの担当者さんなど、多くの方々との付き合いを通じて、コミュニケーションの幅がとても広がりました。経営者として大きく成長できた、貴重な経験でしたね。私はそのような人との出会いだけでなく、仕事との出合いにも恵まれていると感じています。例えば従業員が希望する仕事が、ちょうど良いタイミングで入ってくることも多いんですよ。
 
水野 それは偶然とは思えませんね。何か秘訣があるのですか?
 
長谷川 弊社は「誠心、誠意、誠実」を社訓に、お付き合いのある会社に対しては、決して不義理をしないように心がけているんです。そのような、相手を敬う気持ちが取引先の方々からの信頼を生んでいるのだと思います。
 
水野 相手を敬うことで、信頼を寄せられる。だから、取引先から仕事を任せてもらえるという好循環ができあがっているんですね。今後の展望についてはいかがでしょうか?
 
長谷川 現在進めているのは、理容室の展開ですね。腕は確かだけど、「店舗運営のノウハウを持っていないから開業できない」という理容師と知り合ったことで開業を支援する計画をスタートさせました。でも、店のコンセプトや内装などは、その理容師に任せているんです。私から言うのは「利益が出たらご飯に連れて行ってね」くらいですね(笑)。
 
水野 技術を持っていても営業や経営が苦手な人って、特に職人の世界には多いと思います。長谷川社長の力添えで、有能な技術を持った方々がたくさん世に出れば、私たちも嬉しいですよ。それにしても、長谷川社長はさまざまな人との出会いの中で、その人がどんな技能や個性を持っていて、何を求めているのかを見極める能力が、非常に高いように感じます。しかも、どんな方へも敬意を持って接するから、人望も集まりますよね!
 
glay-s1top.jpg
長谷川 ただ、人への敬意を持ってはいても、従業員に対しては「敬語はやめろ」と言っているんです(笑)。社内で私を「社長」と呼ぶ者はいないですし、年下の従業員からいじられることもあるんですよ(笑)。
 
水野 良い意味で友だち感覚というか、壁をつくらない社風なんですね。
 
長谷川 ええ。壁をつくっても損をするのは自分ですからね。仕事も遊びも、楽しくするには、自分から楽しもうとする気持ちが大事なんですよ。
 
水野 本当に素晴らしいお考えだと思います! とても自然体で、ご自身の感覚やセンスを重視しながら、ビジネスをうまく成立させていらっしゃると感じました。これからもぜひ、従業員のみなさんや多くの方々からより一層愛されるよう、センスを存分に発揮して頑張ってほしいと思います!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
楽しめるかどうかは、自分のモチベーション次第ですね。自分がしたいことをすれば自然と楽しくなるものですから、気の持ちようが大事だと思います。
(長谷川北斗)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社HOKUSHIN
■ 本社 〒455-0834 愛知県名古屋市港区神宮寺2-1408
■ 事業内容 設備メンテナンス/各種配管工・各種プラント工事/機械撤去・移設・据付/各種溶接業務/製缶製作/機械組み付け/金属加工/建設工事全般/解体業務一式/足場業務一式
■ 設立 平成31年2月
■ ホームページ http://www.hokushin.work
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事