B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

専門的な知識と高い志で 
グループホーム設立支援

 

快適に暮らせる施設が増えるように

 
glay-s1top.jpg
川﨑 何か一つの分野に特化すれば、それ相応の知識も求められますし、責任も重くなりますよね。それでもグループホーム専門にこだわるのは、なぜなんでしょう?
 
黒澤 社会に悪い影響を与えたくないという思いが何より強いからですね。中には利益を優先するあまりに、障がい者の方へのケアがおろそかになっているグループホームも少なくありません。そのような施設を、これ以上増やしたくないんです。ですから、少なくとも私がご相談を受けたからには、そのような施設にならないように食い止めたいと考えています。
 
川﨑 素晴らしいですね。社会への責任感と、とても強い意志を感じますよ。黒澤代表の今後の目標についても、ぜひお聞かせください。
 
黒澤 やはり少人数の集団で生活支援を受けられるグループホームがどんどん増えてほしいですね。大規模な施設と比べて、少人数のほうがきめ細かな対応ができるので、ご依頼者様にもグループホームの利点としてアドバイスしているんですよ。
 
川﨑 大人数だとどうしても、目が行き届きにくいこともあるでしょうからね。その点、小規模なグループホームであれば、より丁寧な対応がしやすいと。
 
glay-s1top.jpg
黒澤 そのとおりです。それぞれのニーズに沿った支援が可能なんですよ。ただ、近年グループホームの数が増えているとは言え、残念ながら理想的な運営が行えている施設は多いとは言えません。国が推進する計画に対応できる施設の数も、足りていないのが現状です。
 
川﨑 施設の数が足りないと、既存の施設にしわ寄せが来ますよね。介護スタッフの体力的な限界もあるし、ストレスが溜まり過ぎると、働く側にも支障をきたしてしまうでしょう。しっかりとした運営を行えるグループホームが増えれば、障がい者の方の生活が豊かになるだけでなく、そこで働くスタッフのストレスも軽減されるのではないかと思います。
 
黒澤 ええ。スタッフ1人で何人ものサポートを担当するとなると、そのストレスは計り知れませんからね。グループホームは、一人ひとりの利用者とじっくり向き合いながら支援し、自立に向けてサポートする場です。今後も障がい者の方が快適に暮らせて、なおかつ最適な運営を行うグループホームの設立を支援し、促進していきたいと思います。
 
川﨑 今回のお話をうかがって、黒澤代表のグループホームに対する熱い思いが伝わってきました。これからも、みんなが幸せに暮らせる理想的な社会の実現に向けて頑張ってください。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
一つひとつの仕事を丁寧にこなしていくこと。そして、目の前の仕事に対して、一生懸命に取り組むことですね。
(黒澤洋二)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 黒澤行政書士事務所
■ 所在地 〒180-0012 東京都武蔵野市緑町2-3 C2-304
■ 事業内容 グループホーム設立・運営のサポート/一般社団法人設立支援
■ 設立 平成8年8月