B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

専門的な知識と高い志で 
グループホーム設立支援

 

専門としているからこその強みと高い志

 
glay-s1top.jpg
川﨑 近年、グループホームの設立が増えている中で黒澤代表のお仕事が増えたのは、まさに時代に必要とされている証なんでしょうね。依頼は全国各地から寄せられるんでしょうか?
 
黒澤 そうですね。関東圏を中心に、四国や東北など地方からのご依頼もあります。ありがたいことに、これまで手がけてきた実績を評価していただけたからこそ、多くのご依頼があるのだと思いますね。運営上の書類作成も非常に多いですし、設立後の運営に関するサポートやご相談にもお応えしているんですよ。
 
川﨑 専門的に行ってきた実績が、高い信頼性に結びついているのだと思いますよ。それでは、黒澤代表が設立や運営のサポートをされている障がい者の方向けのグループホームとはどのような施設なのか、あらためてお聞かせください。
 
黒澤 介護スタッフの援助を受けながら、障がい者の方が少人数のグループで共同生活を行う施設です。継続型就労支援作業所で仕事をする障がい者の方の、生活拠点となることが多いですね。
 
川﨑 障がい者の方が対象ということは、福祉や介護などに関連した法律上の手続きも多そうですね。例えば法改正があった場合、その都度、知識をアップデートしていく必要があるのではないかと思います。
 
黒澤 おっしゃるとおりです。時世に合わせ、法改正は頻繁に行われていますからね。常に新しい知識を学んでいかなければなりません。それに専門で行っている以上は、強い責任感を持った対応を心がけており、グループホームについての相談には何でも応えられるようにしています。ご依頼者様に「話がわかりやすくて安心だ」とおっしゃっていただけると嬉しいですね。
 
川﨑 優れた知識を持ち、何でも応えてくれる黒澤代表は、依頼者にとって実に心強い存在でしょうね。グループホームの設立について、まったくの未経験で相談に来られる方もいらっしゃるんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
黒澤 ええ。新しく事業を始める方でも、全員がその分野に精通しているわけではありません。その場合は1から10まで、私がすべてきちんと説明いたしますよ。たとえどれほど時間がかかっても丁寧にご説明させていただきます。
 
川﨑 そこまで親身になって詳しく説明できるのは、専門的に行っているからこその強みだと思います。設立時の相談だけでなく、運営後のプランも一緒に考えているんですね。
 
黒澤 もちろんです。そこは重要な部分ですからね。グループホームの運営は、障がい者という“人”を相手にする仕事です。だからこそ、本気で仕事と向き合う気持ちのある方からのご依頼だけお受けし、利益を最優先させるような方のご依頼はすべてお断りしているんですよ。ご相談に来られた方にはまず、グループホームとはどういうところかということを具体的にしっかり説明します。そして、ご依頼者様の運営方針や希望などをうかがって、支援するかどうか決定するんです。引き受けるとなれば、一生懸命、徹底的にサポートいたしますよ!
 
川﨑 なるほど。依頼者の思いをしっかりヒアリングして、ご自身が納得された依頼だけを受けられるんですね。黒澤代表が高い志をお持ちなのがよくわかります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事