B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

保険選びを訪問サポート 顧客と共に最適解を探す
Kansako Agency株式会社 代表取締役 間佐古泰寛

 
プロフィール 和歌山県出身。近畿大学を卒業後、衣料品量販店に就職。JAに転職して保険業界入りすると、6年半の在籍中、和歌山県下の全JAにおいてトップクラスの営業成績を残す。2004年に独立して、保険代理店Kansako Agencyを設立。訪問型の営業スタイルで顧客を広げ、2017年には法人化を果たした。高校時代に県大会ベスト8まで進出した野球経験者で、大の阪神ファン。【ホームページ
 
 
 
ノルマありきの保険営業とは正反対、顧客と気さくに会話を重ねる中で人生の一大事にもじっくり耳を傾け、今どのような保険が必要で最適な商品はどれかを提案。顧客と一緒になって作戦会議をする、独自の営業スタイルで厚い信頼を集めるKansako Agency(カンサコエージェンシー)株式会社の間佐古泰寛代表取締役。特徴である訪問型の保険代理店とはどのようなものか、顧客との関係づくりで大事にしていることなどを語ってもらった。
 
 
 

保険代理店が店ごとやってくる訪問型の営業

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 Kansako Agencyさんは訪問型の保険代理店で、B-plusには3度目のご登場ですね。前回はタイガースの大先輩・八木裕さんがお相手を務め、このたび狩野に打順がまわってきました(笑)。
 
間佐古 小学校3年から高校まで野球に打ち込み、ずっと阪神ファンの私にとっては夢のような展開ですよ。
 
狩野 このままだと野球談義で終ってしまいそうなのでこれぐらいにして(笑)、今日は事業の近況をうかがいたいと思います。JAへの勤務を機に保険業界に入られたそうですね。和歌山県御坊・日高エリアで貯金や共済のセールスを担当され、営業成績は県内トップクラスという目覚ましいご活躍だったとお聞きしています。
 
間佐古 保険と金融に関するイロハも営業のノウハウも、すべてJAで過ごした6年半の間に学ばせてもらいました。大手保険会社が目を留めてくださって移籍のお誘いもあったのですが、この業界で自分が必要とされているなら、転職ではなく自分の力で仕事をやってみたいと思い、2004年に独立に踏み切りました。個人事業で実績を積んで、2017年に法人化したという運びです。
 
狩野 信頼を集めてこられた大きな理由に、訪問型の営業スタイルがあると思います。来店型とは異なる訪問型の良さとは?
 
間佐古 いろいろな保険会社の商品を豊富に扱いつつ、お客様のもとまで出向いてご相談に応えられるところです。簡単に言うと、「保険代理店が、店ごとうかがいますよ」ということですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事