B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優しさ溢れる空間で こだわりのコーヒーを
珈琲店ぶらうんびーん 代表 瓜坂隆志

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 大阪市中央区の「珈琲店ぶらうんびーん」さん。瓜坂代表はもともと会社勤めだったそうですね。
 
瓜坂 はい。私は大学卒業後に大手機器メーカーの営業を4年間担当した後、郵便局に転職しました。そして定年間近になって、自分の夢を何一つ叶えていないことに気付いたんです。そこで、27年間勤めた郵便局を早期退職し、カフェのオーナーを目指しました。
 
狩野 ということは、お店を持つことは長年の夢だったと。
 
瓜坂 夢の一つでしたね。その夢を叶えるために、カフェ開業に必要なノウハウや料理の基礎を学べるスクールに1年間通い、準備を進めていきました。
 
狩野 準備を万端に整え、夢を叶えられたのですね。お店を構えるうえで、どのような点にこだわりましたか?
 
瓜坂 1つは、通常のコーヒーと比べて雑味がなく飲みやすいオーガニックのコーヒー豆を使うこと。2つ目は店内を禁煙にしていることです。快適な空間でおいしいコーヒーを味わってもらいたいという思いから、この2点にこだわりました。オープン当時は禁煙を残念がる方もおられましたが、今では支持されています。
 
狩野 最近は非喫煙者の方も多いですしね。コーヒー以外のソフトドリンクやスイーツ、軽食のメニューも充実していて、瓜坂代表の心配りを感じます。
 
瓜坂 この辺りはオフィス街ですから、喫茶としてはもちろん、ランチタイムもゆっくり過ごしていただきたいと思いまして。ランチメニューとしては、特にオムライスが人気ですよ。
 
glay-s1top.jpg
狩野 スイーツもランチも彩りが美しくて、お店のレトロな雰囲気にピッタリですね。そういえば、店内でイベントを開催することもあるとか?
 
瓜坂 はい。主に週末にイベントを行っています。もともとイベントを企画することが好きで、落語に始まり、今は定期的に音楽コンサートを開くほか、料理教室や詩吟教室を行うことも。当店で絵の個展を開き、関東で有名になった方もいらっしゃるんですよ。この店が、お客様に寛いでいただくだけでなく、文化を発信していける場になれば本望ですね。
 
狩野 今後も珈琲店ぶらうんびーんさんから、才能ある人が巣立つといいですね。今回、短い時間の中でも、瓜坂代表の優しいお人柄に包まれてゆったり過ごすことができました。今後も、より多くの方においしいコーヒーと寛ぎの時間を提供していってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
店内のレイアウトを変えてみようとか、看板を書き換えようとか、思い立ったことをすぐにできるのが楽しいですね。何でも自分の思いどおりにできるのは、会社勤め時代との大きな違いです。
(瓜坂隆志)
 

:: 店舗情報 ::

珈琲店ぶらうんびーん

〒540-0028 大阪府大阪市中央区常磐町1-1-7

ホームページ
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27089620 (食べログ)
フェイスブック
https://www.facebook.com/ぶらうんびーん-1641696706118128/