B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

パッシブデザイン建築の
FC展開で地方に活気を

 

地域特性を生かしたコンセプト住宅

 
ライフスタイルに合った住まいがつくれる
ライフスタイルに合った住まいがつくれる
八木 そもそもbe>plusとは、どのようなコンセプトの住宅なんでしょうか?
 
中岡 be>plusについては担当の土永部長からお話しします。
 
土永 「暮らすうちに徐々に自分や家族の色に染まっていく住宅」というコンセプトが根底にあります。また、当初は平屋であることもメインにしていました。スタートのきっかけは、建築家とこだわってつくるKII-TANABE STUDIOの住宅を、もっと安価に、工期も早くできないかと考えたことです。
 
八木 こだわりの住宅をより手軽に建てられるのが、be>plusなんですね。しかし、平屋の建築がメインとは興味深いですね。都心部にはまずない発想だ。
 
土永 和歌山県内も2階建て住宅が一般的ですから、私たちも成功するかは半信半疑でした(笑)。しかし、2階建ての家で生まれ育った若い世代には平屋に憧れる方も多いんですよ。高い機能性とデザイン性を確保しながら価格を抑えたこともヒット要因だと分析しています。
 
八木 やはり、平屋だから安くできるのですか?
 
glay-s1top.jpg
土永健太営業部長
土永 いえ、実は平屋のほうがコストがかかります。2階建てと同じ居住面積を確保するには基礎部分や屋根の面積が広くなりますからね。ただ、和歌山は土地の価格がお手頃なので、総コストを抑えられるんです。
 
八木 都心部にはない地域の強みがあってこそ、成り立つコンセプトというわけだ。KII-TANABE STUDIOについても教えてください。
 
中岡 時間と費用をかけて納得のいく住宅を建てたい方を対象に、建築家と共に細部までこだわりながら家づくりをします。クリニックや宿泊施設・飲食店など、商業施設にも対応していますよ。
 
八木 となると、自分のこだわりとマッチする建築家とタッグを組むことが重要そうですね。
 
中岡 はい。私はこれまでのキャリアで、経験豊富かつ信頼できる建築家とつながりをつくってきましたから、施主様のニーズやお人柄にぴったりの人材を紹介するようにしています。
 
八木 家づくりのコンシェルジュとして、施主の望む建築家を紹介してくれるんですね。しかも人柄や性格まで考慮してくれるのは、とことんこだわって家を建てたい人には嬉しいだろうなぁ。