B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

味を守り続けて半世紀 明石で愛されるきしめん
都きしめん 代表 宮内正次

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 兵庫県明石市に店舗を構える都きしめんさんは、50年以上の歴史があるそうですね。宮内代表の社会人第一歩も、このお店からだったのでしょうか?
 
宮内 いえ、大学卒業後は食品問屋に就職しました。2年ほどで退社して実家に戻ってからは、父親の片腕になれるよう修業を重ねる日々。2代目として店を引き継いだのは2004年頃です。
 
八木 いつか自分が継ぐという気概を持って修業に臨まれたとは、素晴らしいです。現在運営されている4店舗とも駅前にあり、抜群の立地ですね。営業時間はそれぞれ違うのですか?
 
宮内 明石本店は午前11時に開店し、ラストオーダーが21時。西明石店、大久保店、土山店はともに午前10時30分開店、ラストオーダーが19時40分頃です。駅から近いこともあり、地元の方に多くご利用いただいていますよ。
 
八木 長く地元で愛されてきた味なんだなぁ。きしめん以外のメニューも気になりますね。
 
宮内 丼もの・ご飯物、定食、単品まで豊富にご用意しています。どれもきしめんをおいしく食べていただけるようこだわったメニューです。ありがたいことに、毎日お昼時はお並びいただくほど賑わっていますね。
 
八木 セットメニューはお手頃価格だし、お持ち帰りもできるんですね。ランチにはもってこいだ! ちなみに、人気を集めている一番の秘訣は何にあるとお考えでしょう。
 
glay-s1top.jpg
宮内 出汁ですね。創業当時から材料をまったく変えず、同じ仕入れ先から買いつけて、伝統の味を守っています。長年のお客様からも「変わらない味が嬉しい」と喜んでいただいています。また、お客様からのご要望にお応えして、普通麺だけでなく倍の厚みの太麺もご用意しました。お好みの麺をお選びいただけるんですよ。
 
八木 伝統の味を守りながら、お客様の期待にも応える。その柔軟さも人気の理由なのでしょう。
 
宮内 お客様のニーズでつくったこの太麺が、カレーや味噌味にまたよく合うんですよ。つくってみるまで気付きませんでした。
 
八木 変化することで、新しく得るものもあるということですね。今後の展開も楽しみですよ。
 
宮内 ありがとうございます。いつか、ニューヨークに支店を出したいと思っているんですよ。現地に住むいとこも応援してくれているので、いつか実現させたいですね。
 
八木 50年以上愛されてきた伝統の味をぜひ、ニューヨークにも広げてほしいです。大きな目標に向かって頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
やはりお客様に「おいしかったよ」と言ってもらえることが一番です。そのためにも、仲間を大切にしながら、人として、社会人として、経営者として、去年の自分と比べたときに、毎年何か成長していたいですね。
(宮内正次)
 

:: 店舗情報 ::

都きしめん

〒673-0891 兵庫県明石市明石町1-8-8 孫助ビル204号

ホームページ
http://miyauchi-ichi.co.jp