B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

季節の鍋と日本酒が自慢
居心地よい大人の隠れ家

 

季節ごとに具材が変化する寄せ鍋は絶品

 
glay-s1top.jpg
八木 お店の営業時間は17時から翌2時、日曜と祝日は1時までとのことで、ずいぶん長い時間営業されているんですね。
 
福本 夜遅くまで働いている方にも、ゆっくり飲んで食べて、くつろいでいただきたいので長めに設定しているんです。深夜に魚料理や天ぷらを食べられるお店って少ないですから、喜んでいただいていますよ。
 
八木 来店されるお客さんの層はどんな感じでしょうか。
 
福本 以前は年配の男性のお客様が多かったものの、最近はSNSで紹介してくださる方がいるので、おかげさまで若い方や女性のお客様も増えてきました。見渡すとお客様が女性ばかりという日もあるくらいなんですよ。客層が広がっているのは嬉しいですね。
 
八木 幅広い層から人気なんですね。メニューは、コースにお鍋に一品料理、〆のご飯もありますね。
 
福本 はい。コースだと、お鍋をベースにお刺身や天ぷらがついていて、刺身や肉の内容によって3500円から5000円の間で料金が変わります。こちらは年末の団体のお客様からよくご利用いただきますね。
 
八木 お鍋は種類がたくさんあっておいしそうですね。どのお鍋が人気なんですか?
 
glay-s1top.jpg
福本 定番は寄せ鍋です。当店の寄せ鍋は、これでもかというくらい季節の素材がいろいろ入っているんですよ。また、昨年から始めた酒粕のお鍋も、思いのほか大人気でして。この辺りは酒粕に馴染みがある地域ですし、粕汁以外に何か酒粕を使った料理はできないかと考えて、たどり着いたのが酒粕鍋なんです。
 
八木 酒粕鍋、いいですね。ぽかぽかと温まりそうだ。ほかにもどんなお鍋があるか気になってきますよ。
 
福本 基本的には、どの鍋も旬の素材を使っています。春はサワラ、夏はハモ、秋はキノコやひね鶏、冬はブリもおいしいですしね。とにかく季節にこだわっているんです。
 
八木 いいなぁ。来店するたびに違うお鍋をいただけるというわけですね。では、福本代表おすすめの一品料理は?
 
福本 この辺りは牡蠣が有名ですからね。殻付きのまま炭火で焼いて、そのまま召し上がっていただいています。これが日本酒に合うんですよね。それに秋口から冬場にかけてのしめ鯖は絶品ですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事