B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優しさを大切にする 
訪問看護ステーション

 

患者が楽しく過ごせるよう積極的に提案

 
glay-s1top.jpg
水野 患者さんやご家族にとって最も不安なのは、夜間に体調が急変した場合ですよね。でも、ベテラン看護師の榎本代表がすぐに駆けつけてくださるなら安心ですよ! ところで、病院内での看護と訪問看護、どちらも経験なさってきた榎本代表が感じる、両者の違いとはなんでしょうか?
 
榎本 病院勤務では患者さんに対して、事務的に淡々と接しがちになってしまうことが多いと思います。もちろん中には、しっかり愛情を持って接する看護師もいます。でも、訪問看護でより密接に患者さんと接する機会が増え、「もしかしたら、自分は病院内で患者さんに冷たい対応をしていたのではないだろうか」と、感じるようになりました。
 
水野 なるほど。確かに病院は患者さんの数が多いですし、仕事量も膨大ですよね。限られた時間で大変な仕事をこなさなければならないとすると、ある程度は事務的になっても仕方ないような気がします。
 
榎本 そうですね。実は病院では、のんびりした性格の看護師は周囲からよく叱られてしまうんですよ。ところが患者さんからすると、そういう看護師のほうが「優しく接してくれるし、話もよく聞いてくれる」とおっしゃっていただけることが多いんです(笑)。だから、私も今はとにかく“優しさ”を優先し、患者さんやご家族の話をしっかりお聞きすることに力を入れています。看護師の仕事としては、私はこのほうが楽しいですね。
 
水野 やっぱり優しさは看護師さんの基礎的な理念だと思いますから、初心を大切にする榎本代表のお考えは素晴らしいですよ! そんな榎本代表の患者さんやご家族への接し方についても、詳しく教えてください。
 
glay-s1top.jpg
榎本 患者さんやご家族が、毎日を少しでも快適に過ごせるよう心がけています。例えば、病院に入院していると、医師や看護師に「これを食べてはいけません」とか、「外出してはいけません」と制限を設けられますよね。もちろん、それは治療のために必要なことではあります。でも、病院からご自宅に戻られた患者さんに対して同じように伝えても「せっかく自宅に帰ってきたんだから、自由にさせてくれ」と不満を感じる方は少なくないんです。ですから私は、頭ごなしに制限するのではなく、「でしたら代わりにこうしませんか?」とか、「外出するなら介護タクシーを呼びましょう」とか、ご提案するようにしているんです。
 
水野 訪問看護のお仕事は、とても気遣いが必要なんですね。そのような提案をするにしても、やはり看護師としての知識や経験が欠かせないのではないですか?
 
榎本 おっしゃるとおりですね。例えば、「その患者さんの看護に必要な器具はどこで手に入るか」など、医療に関するさまざまな知識がなければご提案もできません。それに、本から得た知識と、実際に現場で学んだ知識も違います。ですから私たちは、患者さんからいただいた情報を別の患者さんにも応用するといった工夫を凝らしながら、看護師同士で共有するなど、ネットワークも積極的に広げているんですよ。